美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

くせ毛をストレートに。縮毛矯正のメリット、デメリット

  • ・雨の日は髪の毛がくるくる
  • ・髪がうねってヘアスタイルがまとまらない
  • ・乾燥に弱く傷みやすい

ストレートの人は「くせ毛ってパーマかけなくていいから楽だよね〜」
「髪にボリューム感があっていいよね」って言うけど、くせ毛って本人にしたら大きな悩みの種ですよね。

デメリットの方が多く、サラサラのストレートって本当に憧れます。

そんなくせ毛に悩む方の救世主、それが縮毛矯正です。

縮毛矯正のメリット、デメリット

くるくる、うねうねのくせ毛をまっすぐにサラサラにしてくれる縮毛矯正。
くせ毛女子にとってストレートって本当に憧れですよね。

では、縮毛矯正のメリットとデメリットについてまとめていきましょう。

縮毛矯正のメリット

  • 一度縮毛矯正をした場所は半永久的にストレートになれる
  • スタイリングが楽
  • 髪の毛がツヤツヤ、サラサラになる

何と言っても一番のメリットは、縮毛矯正をかけた場所は半永久的にストレートになれるってところではないでしょうか。

クセがあると毎日髪のセットも大変ですが、縮毛矯正をかけることで、ツヤツヤで乾かすだけでも髪がまとまってくれます。
初めて縮毛矯正かけた時って、本当に感動です。

縮毛矯正のデメリット

逆に縮毛矯正にはどんなデメリットがあるんでしょうか?

  • 髪が痛む
  • 生えてくる髪はくせ毛なので、根元に違和感が生まれる
  • 真っ直ぐになりすぎて不自然
  • 施術に時間がかかる
  • 価格が高い

元々うねっている髪の毛を薬剤によって無理やり真っ直ぐに伸ばすので、髪には想像以上にダメージがかかります。
髪が傷みやすくなったり、パサつきの原因になることもあるのでその後のケアがとても重要になります。

また、かけたところは半永久的にストレートになれるのですが、その後生えてくる髪の毛はくせ毛のままです。
ストレートの部分とくせ毛の部分がパッキリと別れて違和感が生まれますので、数ヶ月おきに縮毛矯正をかけ続ける必要が出てきます。

価格や施術に時間がかかるのもデメリットのひとつ。
3〜5時間と長時間となる縮毛矯正の為、施術にかかる価格も数万円とお高め。
サロンによっては低価格なところもありますが、縮毛矯正はかなり難易度の高い施術であって、美容師の腕によって仕上がりにかなりの差が出てきます。

実際、くせ毛の私はこれまでいろんなサロンで縮毛矯正をしてきましたが、技術の低い美容師の場合、ビビリ毛と呼ばれるチリチリ・ジリジリ・バサバサの状態の髪の毛になってしまうことがあります。
このビビリ毛は基本的に元に戻すことはできません。
(切るか伸びるまで待つしかありませんが、ジリジリのすごい状態です)
その為、高度なテクニックが必要になる縮毛矯正は技術の高い美容師に施術してもらうことをオススメします。

技術の高い美容師さんってことは、当然価格も高くなります。
でも悩みの深いくせ毛を改善する為には、多少お金がかかっても絶対に技術の高い美容師に施術してもらった方がいいと思います。

また、高い技術の美容師であれば、単純に真っ直ぐするだけでなく、自然な丸みをつけたり、同時にパーマをかけたりという、最大の難易度の施術も綺麗に仕上げてくれます。

これまでどんなヘアケアをしてきたのか、髪やクセの状態など計算に入れた上で、施術をすることが必要になりますので、信頼関係のある技術の高い美容師に施術してもらうようにしましょうね。

また、大事になるのは縮毛矯正をかけた後のヘアケア。
縮毛矯正をかけた髪は「タンパク質」などの栄養成分が流出し傷みやすくなっていますので、流失した栄養分を補給するようなヘアケアを心がけましょう。
また、これから生えてくるくせ毛の影響を少なくする為には、頭皮ケアも大事。
毛穴がつまり頭皮にトラブルのあると、クセが強くなってしまうことがあります。
頭皮に優しく、それでいて毛穴の汚れをすっきり落とすことができるシャンプーを使うようにしましょう。

100%天然由来で頭皮ケアもできるharu黒髪スカルプ・プロシャンプーはこちら

このように、美容師の腕によってメリットにもデメリットにもなりうる縮毛矯正。
安心してお願いできる美容師に施術してもらい、その後のヘアケアを大事にすることで、サラサラツヤツヤの髪の毛を手に入れることができますよ。
是非参考にしてみてくださいね!

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室