美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

どうしたらフケを防ぐことができるの?


髪の毛や肩にフケが大量発生!
不潔に見えて恥ずかしいし、困っちゃいますよね。

これまでフケが肩についている人を見ると「フケがあるってことは髪を洗ってないってこと?」と思ってましたが、毎日ちゃんとシャンプーしているのにフケが出ることがありますよね。

では、フケってどうして出てきちゃうんでしょうか?
その原因と対策について探っていきたいと思います!

そもそもフケって、何なの?

フケは、頭皮の角質が剥がれ落ちたもの。
ターンオーバーによってお肌の角質が剥がれ落ちていくように、頭皮も角質は剥がれ落ちていくので、不衛生なわけでも異常なわけでもありません。
でも問題になるのが、大量に角質が剥がれ落ちてしまうこと。
大量に角質がフケとして剥がれ落ちてしまうと、服についてしまったり、目立ってしまい、問題になってしまうんです。

フケの種類

フケは大きく分けて2種類に分けられます。
まず一つ目が、乾性のフケ。
その名の通り、頭皮が乾燥している時に発生しやすいフケで、洗浄力の強いシャンプーによって頭皮の皮脂が不足してしまった場合や、冬場に乾燥し頭皮のバリア機能が崩れてしまった時などに現れやすくなります。

もう一つが、脂性のフケです。
脂性フケは脂っぽくて、爪などにくっついて残ってしまうようなフケです。
こちらは、夏場に汗をかいて頭皮が蒸れ、雑菌が繁殖し頭皮環境が悪化したことにより発生しやすくなります。また、頭を綺麗に洗っていないことで、皮脂が溜まっていても発生しやすくなります。

フケの対策

このように、フケと言っても種類によって内容が異なりますので、対策も異なってきます。

冬場に起こりがちな乾性のフケは、保湿が重要になります。
洗いすぎ、洗浄力の強すぎるシャンプーは要注意。
頭皮の乾燥を招いてしまいますので、シャンプーは保湿効果が高いものを選び、洗いすぎないように気をつけましょう。
シャンプーは、頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーがオススメです。
ゴシゴシ洗ったり、1日に何度も洗うと乾燥の元になってしまいますので、注意が必要です。
また、シャンプー後はスカルプエッセンスやローションで頭皮を軽くマッサージしながら保湿してあげることもオススメです。

夏場に汗をかくことで起こりやすい脂性のフケは、しっかり毎日シャンプーをするということと汗対策が大事になります。
汗をかいて、頭皮に雑菌が発生してしまうと、頭皮環境が悪化し脂性フケの原因となってしまいます。
汗はこまめに拭き取るようにしましょう。
ただし、汗をかいてさっぱりしたからといって、洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ洗ってしまうと逆に乾性のフケが発生してしやすくなります。
頭皮に優しいシャンプーをチョイスするようにしましょう。

どちらのフケの場合も、大事なのな

  • 1日1回シャンプーをすること
  • 髪や頭皮に優しいシャンプーを選ぶこと
  • すすぎ残しのないように、しっかり洗うこと
  • シャンプー後は乾かして雑菌の繁殖を防ぐこと

この4点が大事になります。

フケの種類と自分の頭皮環境を知ることでフケは解消することができますので、正しく対策をしましょう!

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室