美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

髪と頭皮のお悩み相談室

どうして日本人の髪は黒いの?

Question〜質問〜
どうして外国人の人の髪の色は金髪だったり茶色っぽいことが多いのに、日本人の髪の色は真っ黒なのでしょうか?
Answer〜回答〜
メラニン比率によって髪の色は変わります。外国人(白人)はフェオメラニンという黄色〜赤色のメラニンの比率が高く、日本人はユーメラニンという黒褐色のメラニンが多くなっていますので、髪の色が黒くなるんです。

真っ黒な色だと重たく見えるから、明るめの茶色にカラーしている方って多いですよね。
しかも、真っ黒の黒髪だと白髪が生えてきた時もすっごく目立っちゃいます。
元から茶色の髪だと楽なのにな〜と思っちゃいますが、どうして外国人の髪は茶色や金髪なのに、日本人の髪の色は黒髪なのでしょうか?

まず、髪は元から黒や茶色に色づいているのではなく、元々は白いって知っていましたか?
元々は白い髪の毛にメラノサイトという色素細胞が色をつけるように命令をすることで、メラニンを発生させて、髪の毛を黒く色付けているんです。
そして、このメラニン色素は色素成分の量や種類で髪の色が決まり、髪の色が濃くなったり薄くなったりします。
これは髪だけでなく肌も同じなのですが、メラニンにはユーメラニンとフェオメラニンという2種類のメラニンがあります。
ユーメラニンは褐色〜黒色のメラニン、フェオメラニンは黄色〜赤色のメラニンであり、このユーメラニンとフェオメラニンが多いか少ないかによって、肌の色や髪の色は決まります。
金髪の白人系の方は、基本的にフェオメラニンの比率が高く、黒髪の場合は、ほとんどがユーメラニンとなります。
これは住んでいる場所による問題で、西洋に比べて紫外線の影響の多いアジアに住む日本人は紫外線から髪を守るために、ユーメラニンが多くなっているんです。
というのも、黒褐色系のメラニンであるユーメラニンは紫外線で発生する活性酸素を除去する働きがあり、逆にフェオメラニンは紫外線を浴びると活性酸素を作ってしまうという特性があります。

そして、髪の色は遺伝しますので、両親ともが黒褐色系のメラニンの比率が高い黒髪の場合には、生まれてくる子も黒髪になるんです。

そして、髪を明るくカラーリングをすると髪ってパサつきやすくなってしまうと思いませんか?
それは、カラーリングの際にキューティクルを開く為、髪が傷みやすくなるということもあるのですが、黒髪を明るい色にカラーリングをすることで黒いメラニンが減ってしまい紫外線に弱くなってしまうといのも髪のダメージの原因になってしまうということなんです。

カラーリングで髪を明るくした場合には、しっかり紫外線対策とダメージ対策をして髪が痛まないようにしたいものですね。

Pocket

Review  オススメ商品