美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

どうして泡タイプの白髪染めは使いやすいの?

肌よりも一気に見た目年齢を上げてしまうパーツといえば何と言っても髪!
髪に白髪が混じるようになると年齢よりもすっごく老けて見えるようになりますよね。

いつまでも若々しく美しい髪でいる為には、白髪染めは必須!

でも白髪染めって、毎回美容院に行くと手間もお金もかかるし、自分で染めるとうまく染まらないから困りものですよね。

そこで「これなら自分でやっても綺麗に染まる」と人気の泡タイプの白髪染めをご紹介します。

白髪染めの種類

白髪染めと言っても、いろんなタイプのものがありますよね。
大きく分けて、クリームタイプ、泡タイプ、トリートメントタイプの3つのタイプに分かれます。

クリームタイプ

オーソドックスな白髪染めといえばクリームタイプの白髪染め。
1剤と2剤を混ぜて使います。
今は泡タイプのものの方が増えてきていますが、ねっとりしたクリーム状のクリームタイプの白髪染めは液だれしにくいので、生え際を染める部分染めには最適なんです。
ねっとりとしたクリームが髪全体に密着するので、色むらが少なく美しく染まるのが特徴です。
ただし、染める時にブロック分けして少しづつしっかりとつけていかないといけないので、全体染めの時はちょっと面倒かもしれません。

泡タイプ

今の主流は泡タイプの白髪染めです。
1剤と2剤を混ぜて使わないといけないクリームタイプと比べて、混ぜる必要のない泡タイプは手軽で人気があります。
また、泡タイプの白髪染めは手袋をした手にシュワッと泡を出して、髪にのせてシャンプーをするように優しく揉み込むだけでムラなく染めることができるので簡単です。
手軽ではあるものの白髪染めであることに変わりはなく、成分は白髪染めと同じ。
その為、頭皮につけることでかゆみやヒリヒリ感などを感じることもあるようです。

トリートメントタイプ

トリートメントタイプは、トリートメントしながら髪を染めると言ういわゆるカラートリートメントのこと。
他の白髪染めのように1回で染まる訳でなく、何回か使うことで徐々に白髪を染めていくというものです。
最大の特徴は髪へのダメージが少なく、染めれば染めるほどの髪が傷んでいく白髪染めと違い、使えば使うほどに髪がツヤツヤになっていくということ。
髪のダメージに悩む方にはぴったりのアイテムです。
ただし、1回では染まらないのと1週間ほどで退色していくので、1週間に1度程度使わないといけないということがデメリットです。

セルフカラーは泡タイプがオススメ!

このように、手軽にセルフカラーで全体染めをするには泡タイプの白髪染めが一番簡単でオススメです。
でも手軽さの一方ジアミンアレルギーがある方や肌が弱い方は、ちょっと心配ですよね。

そこでオススメなのが、泡タイプのカラートリートメント「クロエベール」

泡タイプの白髪染めのメリットである「使いやすさ・手軽さ」と、トリートメントタイプのメリットである「髪や頭皮への優しさ」のいいとこ取りをしたアイテムなんです。
カラートリートメントって、髪に優しい一方で染まりにくさや落ちやすさで使いにくいという方も多いのですが、濃密な泡タイプで乾いた髪に使える「クロエベール」なら頭皮や髪への優しさはそのまま、染料がより多く配合されているので染まりやすく落ちにくいのが大きな特徴です。
白髪を染めながら、潤いとツヤのある美髪を目指すことができますよ。

手袋をした手にシュワッと泡を出して、シャンプーのように揉み込むだけなので液だれすることもなくとっても簡単♪
ぶっきっちょさんでも上手に染めることができるのでオススメなんです。

手軽で使いやすい白髪染めをお探しの方は是非使ってみてくださいね。

泡タイプのカラートリートメント
「クロエベール」はこちら

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室