美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

カラートリートメントを使うときはどんなシャンプーを使うべき?

トリートメントしながらダメージなく白髪染めができるという、髪のダメージに悩む大人女子に大人気なのがカラートリートメント
お肌が弱かったり、美容室に行く手間やコストをカットしたい方にオススメのアイテムです。

でも、カラートリートメントってシャンプーする度に色が落ちていくと言われていますが、できるだけ色落ちを防ぐためにはどんなシャンプーを使った方がいいのでしょうか?

カラートリートメントとは?

白髪染めってしっかり染まるのはいいけど、結構髪が傷んじゃいますよね。
それもそのはず、白髪染めは薬剤によって「キューティクルを開き」「開いたところから塗料を入れる」という工程で色を入れていくので、どうしても髪が傷んでしまいます。

カラートリートメントは、別の発想で髪にダメージを与えないよう、キューティクルを殆ど開かずに髪の表面に塗料を着色させ、そこから徐々に髪内部に塗料を浸透させていくという方法なんです。
その成分は殆どがトリートメント成分なので、髪へのダメージがなく使う度にツヤ髪になれるというアイテムなんです。

頭皮や髪に優しいのに染まりやすい ヘアカラートリートメントはこちら

カラートリートメントは色落ちしやすいの?

カラートリートメントは塗料を髪の内部に入れ込んでる訳ではなく、髪の表面に着色させているだけなので、シャンプーをする度に徐々に落ちていきます。
2〜3日後くらいから少しづつ色落ちしていき、2週間もすれば元の白髪に戻ってしまいます。
だから、カラートリートメントは1週間に1〜2回くらい使い続ける必要があるんです。

カラートリートメントを長持ちさせるには、どんなシャンプーがオススメ?

シャンプーする度に徐々に色落ちしてしまうカラートリートメント。
できるだけ色落ちしないようにケアしていきたいですよね。

特に汗をかきやすい時期は、さっぱりしたいからと洗浄力の高いシャンプーを使ったり、1日に何度も髪を洗っていませんか?
シャンプーは髪の汚れを落とすために使用するものですが、洗浄力の強いシャンプーを使うと開き気味になっているキューティクルが剥がれ、カラートリートメントの染料が洗い流されてしまいます。
特に髪にダメージのある方は、洗浄力の高いシャンプーを使うことでよりキューティクルが剥がれやすくなりますので、注意が必要です。
色落ちを少しでも防ぐためには、洗浄力が弱く髪に優しいアミノ酸系のシャンプーがオススメです。
また、シリコン配合のシャンプーは髪をコーティングしてしまいその後塗料が入りにくくなってしまいますので、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーをお勧めします。

アミノ酸系のノンシリコンシャンプーでお勧めなのがharu黒髪スカルプ・プロシャンプー
haru黒髪スカルプ・プロシャンプーは100%天然由来の高品質なシャンプーなのですが、リンス・コンディショナーというのが大きなポイント。
ノンシリコンシャンプーって、一般的にシャンプーはノンシリコンであっても、リンスやコンディショナーにはシリコンが配合されているものが多いです。
haru黒髪スカルプ・プロシャンプーはリンスなしでいいのに、しっとりサラサラの洗い上がりなんですよ。

色落ちをできるだけ防ぐために、カラートリートメントを使う時には是非セットで使ってみてくださいね。

haru黒髪スカルプ・プロシャンプーはこちら

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室