美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

カラートリートメントのメリット・デメリット

女性の髪のお悩みで、一番大きいのが何といっても「白髪」ですよね。
数本あるだけでもすごい存在感ですが、まとまった白髪を見つけた日にはもう染めるしか選択肢ないと思いますが、白髪染めってピリピリしたり、髪が傷んでしまったりとデメリットも多いですよね。
そんな、白髪染めに悩む方に大人気なのがカラートリートメント

入浴時に手軽に使うことができる、自宅で簡単に白髪染めができると、万能な白髪染めのように思えますが、カラートリートメントにはデメリットはないんでしょうか?

そこで、ここではカラートリートメントのメリット・デメリットについてまとめていきたいと思います。

カラートリートメント3つのメリット

カラートリートメントのメリットには以下のようなことがあります。

トリートメントしながら染めるからダメージ知らず

カラートリートメントとは、トリートメントで髪のケアをしながら髪の表面に塗料を着色させヘアカラーをするというアイテム。
一般的なヘアカラーは、薬剤によってキューティクルを開きそこから塗料を入れるという形で着色するので、色はしっかり入るのですが、キューティクルを開く為どうしても髪にダメージを生んでしまいます。
カラートリートメントは、キューティクルを開くことなくトリートメントで髪を補修しながら色を入れていくので、髪へのダメージがなくツヤツヤになるのが最大のメリットです。

頭皮や髪への刺激なし

ヘアカラーは「アルカリによる刺激」と「ジアミンアレルギー」の2つの皮膚刺激を起こすことがあります。
特に、ジアミンはアレルギーを起こしやすい物質であり、一度ジアミンアレルギーを起こしてしまうと刺激やかぶれを起こすだけでなく、ひどい場合には呼吸困難などに陥ることもあるほどなんです。

ジアミンアレルギーでなくても、カラー中に少し頭皮がピリピリすることがありませんか?
カラー剤はアルカリ性なので、頭皮や皮膚に触れることで刺激を受けやすくトラブルの原因になってしまうんです。

カラートリートメントは、成分の大半が美容成分や保湿成分などのトリートメント成分。
頭皮や髪へ刺激を与えることなく髪を染めることができる
んです。

自宅で手軽に染めることができる

ヘアカラーで大変なことって、何といっても時間や美容院に行く手間がかかるってことじゃないでしょうか。
白髪染めってどうしても1ヶ月くらい時間が経つと根元が伸びてくるので、また染めに行かないといけなくなります。
数ヶ月に一度ならまだしも、毎月毎月美容院に行くのってすごく大変じゃないですか?
カラートリートメントならお風呂で入浴時に手軽に染めることができるので、すごく楽チンですよね。

カラートリートメント3つのデメリット

万能に思えるカラートリートメントですが、デメリットもあります。

一度では染まらない

美容院のヘアカラーって、一度で髪が染まりますよね。
薬剤によってキューティクルを開きそこから塗料を入れるという形で着色するので、一度で綺麗に染まります。
一方、カラートリートメントは髪の表面に塗料を着色させ、ほんのすこしだけキューティクルを開き、そこから徐々に塗料を着色させていくというやり方なので、髪のダメージはないのですが、一度では染まりません。
特に、最初は色が入りにくいので、3回ほど連続して使用することで髪に色をしっかり入れるということが必要になります。

色持ちが悪い

カラートリートメントは、キューティクルを開いてしっかり奥まで色を入れるという方法ではなく、髪の表面に塗料を着色させるというもの。
塗料が奥まで入っていないので、どうしても髪を洗う度に色が少しづつ落ちてしまいます。
色持ちが悪いので、1週間に1回程度、定期的に使うことで色を維持するということが大事になります。

その後通常のヘアカラーができない

カラートリートメントをした後に、ヘアカラーをすると髪の色が緑色になるって聞いたことがありませんか?
カラートリートメントは、赤・青・黄の3色の色素が配合されているのですが、シャンプーをする度に、表面に着色しているだけの塗料や色素は少しづつ色落ちしていきます。
この時、特定の色が先に落ちてしまうことで、髪色が変色してしまうことがあるんです。
また、カラートリートメントの塗料などの成分が髪に残っていると、ヘアカラーの際に邪魔になってしまい色ムラが出やすくなってしまいます。

カラートリートメントをした後に通常のヘアカラーをする場合には、美容室に行く前の1週間〜1ヶ月程度カラートリートメントが色落ちするようにしっかりシャンプーをし、色が落ちてから美容室に行くようにしましょう。

どうでしょうか?
万能に思えるカラートリートメントですが、メリットと同時にデメリットもあるんです。
でも、デメリットを知ることで安心してトラブルなく使用することができますよね。
ぜひメリット・デメリットを踏まえ、カラートリートメント使ってみてくださいね!

頭皮や髪に優しいのに染まりやすい ヘアカラートリートメントはこちら

Pocket