美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

カラートリートメントって、ホントはダメージがあるんじゃないの?

髪にダメージを与えることなく、白髪を綺麗に染めることができると今人気のカラートリートメント。

  • 一般的なヘアカラー・・・髪が傷む
  • カラートリートメント・・・髪が傷まない

と髪にいいイメージがありますが、髪に人工的に色を入れるのに本当に髪にダメージってないのでしょうか?

カラートリートメントって、ダメージゼロなの?

カラートリートメントには、半永久染毛料のひとつです。
半永久染毛料は髪の表面に塗料を着色させ、そこから少しづつ髪の内部に塗料を浸透されることで髪を染めるというものです。
ヘアカラーや通常の白髪染めは、髪表面のキューティクルを開きそこから塗料を入れ髪内部でのメラニン色素を分解したり、化学反応を起こすことで髪を染めるのでどうしても髪にダメージを受けやすくなっています。

カラートリートメントに使われている合成染料は髪を染める力は弱いものの、刺激が少なく、アレルギーのリスクが低いというのが大きな特徴です。
(一般的にヘアマニキュアと呼ばれている染毛剤も同じ部類になります。)

全くダメージがないかというと、厳密にはダメージがゼロではありません。
ジアミン系の成分を使っていないので、アレルギー反応などが起こることはありませんが、カラートリートメント剤のすすぎが足らず、カラートリートメント剤が頭皮に残ってしまうとかゆみや炎症の原因となってしまうことがあります。

でも、これは一般的なシャンプーなどでも同じことですので、しっかりとすすぎを行うようにして頭皮にトリートメント剤が残らないようにすることで、ダメージは限りなくゼロにすることができますよね。

カラートリートメントを安全に使うために・・・

限りなくダメージの少ないカラートリートメント。
より安全に、ダメージゼロにするにはどのような使い方をすればいいのでしょうか?

それは、「トリートメント後にシャンプーを使う」ということ。

特に最初は染まりが悪いので、乾いた髪に使うように、メーカーの使用説明書に書かれていることがあります。
乾いた髪に使用すると染まりもいいですし、
トリートメント→しっかりすすぐ→シャンプーをする
という工程で使うことでトリートメントが髪に残ってしまうというトラブルも防ぐことができます。

カラートリートメントをより安全に効果的に使う為には、以下の工程で行うようにしましょう。

1 カラートリートメントを乾いた髪につける

シャンプー前の乾いた髪に使用することで、染まりやすいです。
カラートリートメントは肌に優しいので、生え際やこめかみなど地肌についても大丈夫!
たっぷりつけましょう。

頭皮や髪に優しいのに染まりやすい ヘアカラートリートメントはこちら

2 しっかりすすぐ

地肌にもたっぷりカラートリートメントがついているので、洗い残しがないようにしっかりすすぎましょう。
色が出なくなるまでしっかりすすぐのがポイントです。

3 アミノ酸系のシャンプーで落とす

地肌に残ったカラートリートメントや皮脂などの汚れをシャンプーでしっかり落とします。
カラートリートメントを使う時はシャンプー選びが重要です。
カラートリートメントは、髪に優しい反面色落ちしやすいのがデメリットです。
髪を洗うたびに色が落ちていきますので、シャンプーは洗浄力がマイルドで髪や地肌に優しいアミノ酸系のシャンプーを選ぶようにしましょう。

髪のパサつきをケア!100%天然由来のアミノ酸系シャンプーはこちら

どうでしょうか?
髪に優しいカラートリートメントですが、使い方次第で限りなくダメージをゼロにすることができるんですよ。
ぜひ、使ってみてくださいね。

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室