美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

脱オバ髪!スタイリング前の一手間がこなれ髪を作る

可愛くまとめ髪をしようと思っても、きっちり結びすぎてしまって何となく老けた印象になってしまいませんか?

まとめ髪ってただ一つに結ぶだけでも、しっかり結んだらおぼさんみたいでなんだか老けて見えるし、後れ髪を出したら、だらしない印象になってしまったりで難しいですよね。

そこで、ここではこなれ感アップ!のまとめ髪の方法についてまとめていきたいと思います。

脱オバ髪!こなれ感のあるひとつ結びの方法

ある程度の髪の長さがあったら、ルーズに一つに結んだまとめ髪って簡単なのになんだかオシャレに見えますよね。
でもやり方を間違うと、おばさんくさくなってしまいます。

ではどうして、やり方を間違うとおばさんくさくなってしまうんでしょうか?

それは、中途半端にきっちりしすぎているからだと思います。
きっちりしすぎると、華やかさが欠けてしまうので、一気に老けて見えるようになるんです。

ではどうすれば、こなれた一つ結びを作ることができるんでしょうか?

ひとつ結びがおばさんくさくなってしまう人の共通事項は、事前準備を一切せずにただ結んでいるってこと。
こなれ髪を作るポイントは3つです。

ヘアアイロンでウエーブをつける

作りすぎないアレンジを作るためには、ストレートだと難しいので、軽くウエーブをつけましょう。
ヘアアイロンで全体的に軽く巻いたり、ストレートアイロンで波ウエーブをつけるのがオススメです。
朝髪を巻くのが面倒な人は、髪を4箇所くらいに分けて三つ編みにして寝ると、朝には波ウエーブができていますよ。
この時、分け目をまっすぐにせずにギザギザにして、三つ編みを作るのがトップにボリュームを出すポイントです。

髪の毛全体にスタイリング剤をもみ込む

事前にスタイリング剤を使うと、髪にツヤが出てまとまりや束感も出やすくなります。
軽くウエーブをつけた髪に、ワックスなどを少し多めに手にとって両手の指の間まで広げて、髪全体に揉み込んでいきましょう。
内側から外側に向かって、くしゅくしゅと揉みこんでいくのがポイントです。

こなれ感や崩しとほぐしが鍵

慣れるとこんなアレンジも♪

こなれ感を出すために一番大事になるのが、結んだ後に、髪を崩していくってことです。

まず、手ぐしでざっくり結んだ髪を、結んだゴムのすぐ上の髪を細く引き出していきます。2cmくらい隙間を開けながら引っ張り出していきます。

その後、さらに先ほど引っ張り出した髪の少し上の部分(真ん中付近の部分)も細く束状に引っ張り出します。

最後に頭の頂点付近の髪も同じく引っ張り出していきます。
ここで、頭頂部を膨らませすぎるとバランスが悪くなってしまいますので注意が必要です。
適度にボリュームが出るよう鏡をチェックしながら調節していきます。

ただ結ぶだけに比べるとちょっと一手間かかりますが、この一手間でおしゃれ度は何倍にも上がるんですよ。

ぜひ、試してみてくださいね!

Pocket