美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

SNSでも話題沸騰!ツヤ髪になれると噂のリバースケアとは?

リバースケアって聞いたことありませんか?
今、SNSなどでも話題に上ることが多く、毛先まで潤って髪がまとまると実践する人が急増中なんです。

そこで、ここではツヤ髪になれると話題の”リバースケア”についてご紹介します!

リバースケアって何?

では、リバースケアってそもそも何なんでしょうか?

”リバース”という言葉は、逆とか反対という意味ですよね。

その名の通り、リバースケアとは
<シャンプー→トリートメント>という順番で行うはずのヘアケアを、いつもの手順と逆にするというケア方法のこと。

つまり、<トリートメント→シャンプー>という順で行うという新しい発想のケア方法なんです。

リバースケアってどうして髪にいいの?
ではリバースケアって、どうして髪にいいと言われているのでしょうか?

リバースケアが髪にいいと言われる理由は主に3つ。

  • 油分で髪の摩擦を防ぐことができる
  • 整髪料などの汚れを油分で浮き立たせて落としやすくできる
  • シャンプーのダメージを低減できる

という点。

まず、シャンプーをする時って当然髪を濡らしますが、濡れた髪は一番髪がダメージを受けやすい状態

そんな状態の髪に、シャンプーをつけて摩擦によって泡立てて洗い流すという工程によって、髪はキューティクルが剥がれたりダメージを受けてしまうんです。

リバースケアは、トリートメント→シャンプーという逆の手順で洗うことで、先に髪に油分を与え、洗髪時の傷みを防ぐことができます。

こんな簡単なテクニックによって、髪の悩みをケアすることができるとあって、今ヘアケアに取り入れる人が急増中なんです。

リバースケアのやり方

ではリバースケアは具体的にどういう風に行えばいいのでしょうか。

ステップ1 ブラッシング

通常のシャンプーの時と同じですが、髪は洗う前にブラッシングをしておくことが大事。
というのも、ブラッシングによって髪の毛の絡まりを取っておくことで抜け毛を防いだり、髪に付着した汚れをあらかじめ取り除くことができるんです。
この時、毛先の方から初めて、徐々に髪の根元の方を梳かすようにしましょう。

ステップ2 オイルをつける

手のひらに天然オイルを数滴垂らし、乾いた髪にそのまま揉み込むようにつけます。
この時乾燥が気になる部分や毛先を中心につけましょう。
そして、乾いたタオルを頭に巻いて、オイルが髪に浸透するまで10〜20分ほど時間をおきます。

ステップ3 トリートメントをつける

ここでトリートメントの登場です。
オイルをたっぷり含ませた髪をそのままシャンプーすると、油分を落としきれないことがあります。
そこでトリートメントをつけることで、乳化されてお湯で油分が落ちやすくなります。

時間がない時にはステップ2のオイルを省いて、ステップ3のトリートメントだけでもOKです。

ステップ4 軽く洗い流す

シャンプーの摩擦から髪を守るため、ヌルヌル感が残る程度に軽く洗い流します。
この時完全に洗い流してしまうと、リバースケアの意味がなくなってしまうので、洗い過ぎないようにしましょう。

ステップ5 シャンプーをする

シャンプーを泡立てて、髪につけていきます。
優しく指の腹を使ってマッサージするように洗っていきましょう。
この時地肌から洗い、泡を毛先に向かって滑らせながら洗っていきましょう。

その後、しっかりと泡を洗い流していきます。
髪のダメージが気にならない方はここでケア終了。
髪のダメージが気になる方は、ステップ6へ進みます。

ステップ6 トリートメントをつける

また〜?と思うかもしれませんが、髪のダメージが気になる場合には、トリートメントを再度使って髪のコンディションを整えていきます。
通常のトリートメントと同様に5分ほど時間をおいて、ぬるま湯ですすぎます。

このように、いつものシャンプー&トリートメントの手順を変えることで、髪のコンディションを整えることができるんですよ。

いつものケアに是非取り入れてみてくださいね。

ラサーナプレミオールでのリバースケアを行うなら<ヘアエッセンス(オイルの代わり)→トリートメント→シャンプー>というケアがオススメです。

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室