美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

ヘアマニキュアとヘアカラーってどう違うの?

美容室でカラーリングをする時に、「ヘアマニキュア」や「ヘアカラー」などのメニューがあってどちらをオーダーすればいいのか迷うことがありませんか?

何となくヘアカラーは髪が痛むイメージがあるから、ヘアマニキュアを選ぶ方がいいのかしら?と思ったり、迷っちゃいますよね。

そこで、ここではヘアカラーとヘアマニキュアの違いとそれぞれの注意点についてご紹介したいと思います。

ヘアカラーとは

ヘアカラーとは髪表面のキューティクルを開き、そこから塗料を入れ髪内部のメラニン色素を分解したり、科学反応を起こすことで髪を染めるというメニュー。
化学反応で染料を髪の内側に入れるので、色持ちが良く1度でしっかりと色が入るのが最大のメリットです。
また、ヘアマニキュアと比べて発色が良いのも特徴です。

ただし、キューティクルを開き毛髪内部の構造を変えるため、どうしても髪が傷みやすくなっています。
また、ヘアカラーに含まれるジアミン系の塗料によってアレルギーを起こすことがあり、場合によっては重篤な症状を引き起こすことがありますので注意が必要です。

どんな人にオススメ?

髪をしっかり染めたい方、カラーリングを長持ちさせたい方にはヘアカラーがオススメです。
化学反応で塗料を髪内部に入れるので、髪の外に色が出ていくまで数ヶ月間は色持ちが続きます。
また、黒い髪を明るくするために脱色をする薬剤も含まれているので、明るい髪から暗い髪までいろんな色を楽しみたいという方にもオススメです。

ヘアマニキュアとは

ヘアマニキュアとは、髪の毛の表面に塗料をコーティングするメニューのこと。
キューティクルを開き、そこから毛髪の内部に薬剤を入れるという仕組みではないので、髪が傷みにくいのが最大のメリット
また、ヘアカラーのように頭皮のかぶれ等が起こりにくいで、ジアミンアレルギーでカラーリングができない方でも施術することができます。

ただし、デメリットもあります。
メラニン色素を脱色しカラーを入れるという仕組みではないので、髪の色を明るくすることができないので、明るめの髪色を求める方には向きません。
また、髪の表面にコーティングをしているだけなので、洗うたびにヘアマニキュアが落ちていき、およそ1ヶ月ほどで元に髪色に戻ってしまいます。
黒髪にヘアマニキュアを使う場合には、ヘアマニキュアが落ちても元に髪色と大きな差がないので分かりにくいのですが、白髪にヘアマニキュアを使っている場合には、落ちてしまうと白髪が目立つようになります。

どんな人にオススメ?

髪へのダメージが気になる方は、ヘアマニキュアがオススメです。
ヘアマニキュア最大の特徴はダメージが少ないということ。
黒髪だと色が出にくいのですが、以前ブリーチしてダメージが気になる方であれば、しっかり色を着色することができるし、ダメージが少ないのでオススメです。
また、髪の表面をコーティングするヘアマニキュアは、髪にツヤやハリが生まれる為、ツヤ感をアップさせたい方にはぴったりのメニューです。
また、ジアミンアレルギーやアルカリによる刺激でこれまでかぶれたりかゆみが出た方にもオススメのメニューです。

どうでしょうか?
ヘアカラーとヘアマニキュアにはそれぞれメリット・デメリットがあり、違いがあるんですね。
注意点を踏まえて、自分にあった方を選んでくださいね。

ダメージ知らず!カラートリートメントはこちら

Pocket