美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

今更聞けない!ボタニカル、オーガニック、ノンシリコン って何?

シャンプーを選んでいると、ノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプー、ボタニカルシャンプーなどと書いてあるものが多いですよね。

何となく髪に良さそう〜と思ってはいるものの、どういう意味のものなのか実際には知っていますか?

そこで、今更聞けない「ボタニカル」「オーガニック」「ノンシリコン」などの意味を解説します!

ボタニカル、オーガニック、ノンシリコンシャンプーって何?

ボタニカルシャンプーとは

ボタニカルとは、英語で書くとbotanicalなのですが、『植物由来の』という意味です。
つまり、ボタニカルシャンプーとは植物由来のシャンプーのこと。
裏面の表記を見えると、「植物エキス配合」などと書いてあることが多いと思います。

では、ボタニカルシャンプーとは、どの程度植物エキスが入っていたら、ボタニカルシャンプーと呼ばれるんでしょうか?
実は、ボタニカルシャンプーには、具体的にどの程度植物成分が入っていたら良いなどの規定はありません。
植物由来の成分が一つでも入っていたら、ボタニカルシャンプーと呼ばれている場合もあります。
何となく、ボタニカルシャンプーと書いてあると髪に優しそうだと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、商品によって洗浄力や髪への優しさはマチマチなので、他にどんな成分が入っているかをきちんとチェックする必要があります。

オーガニックシャンプーとは

オーガニックシャンプーとは、オーガニックな植物成分を原料として造られたシャンプーのこと。
オーガニックとは、化学肥料や農薬を使用しないで栽培された有機栽培の植物から作られたものです。
有機栽培の植物が原料になっているので、お肌への刺激が少ないのが特徴です。
その分高価になることが多いのですが、オーガニックシャンプーと言っても、洗浄力が強い成分等が使われているケースもあるので、こちらもどんな成分が入っているかきちんとチェックすることが大事になります。

ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーとは、髪をコーティングする「シリコン」が入っていないシャンプーのこと。
何となく、シリコンシャンプーは髪に良くないというイメージや、シリコンは毛穴を詰まらせるという噂があって、ノンシリコンシャンプーを使う方が増えていますが、ノンシリコン=髪に良いという訳ではありません。
髪のトラブルはシャンプーだけではなく、洗い方や頭皮環境が大きく影響しています。
ノンシリコンシャンプーには、髪に優しい無添加の商品も沢山あるのですが、そうではないシャンプーもありますので、注意が必要です。

特に犯しやすい間違えが、「シャンプーはノンシリコン」なのに「コンディショナーはシリコン入り」。
ノンシリコンシャンプーは髪をコーディングするシリコンが入っていないので、どうしても軋みやすい商品が多いようです。
そこで、セットで販売されているコンディショナーにはシリコンが入っていて、髪をコーディングしサラサラの仕上がりに仕上げてくれます。
確かにノンシリコンシャンプーは使っていますが、その後結局シリコンでコーティングしたらノンシリコンの意味はないですよね。

シリコン=悪という訳でもありませんので、どんな成分が入っているシャンプーなのかをしっかりチェックして、選ぶようにしましょう。

結局、ボタニカルシャンプー、オーガニックシャンプー、ノンシリコンシャンプーどれを選べばいいの?って迷ってしまうかと思いますが、大事なのはどんな成分が配合されているのか?ってこと。
言葉のイメージだけで判断すると、こんなはずじゃなかった!ってことになってしまうかもしれませんので、きちんと中身を見てシャンプー選びしましょうね!

リンス不要!100%天然由来のアミノ酸系ノンシリコンシャンプーはこちら

Pocket