美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

ルプルプヘアカラートリートメントの正しい使い方

「髪を傷めず白髪を染める」
そんな万能な白髪染めといえば、カラートリートメント。
染めるほどに髪が痛む通常の白髪染めと違って、染めるほどに髪にツヤが出ると話題のアイテムです。

でも、『カラートリートメントってなかなか綺麗に染まらない』なんて話聞いたことありませんか?
その染まりにくさの訳は、正しい使い方ができていないだけなのかもしれません。

そこで、ここでは楽天市場総合ランキングや@cosmeのクチコミランキングでも1位に輝いたことのあるカラートリートメント「ルプルプヘアカラートリートメント」の正しい使い方についてご紹介します!

ルプルプヘアカラートリートメントの正しい使い方

まず、1回でしっかり染まる白髪染めと比べて、カラートリートメントは1回でしっかり色が入るという訳ではありません。
というのも、薬剤によって「キューティクルを開き」「開いたところから塗料を入れる」という形で色を入れていく白髪染めに対して、ヘアカラートリートメントは「髪の表面に塗料を着色させ」「徐々に髪内部に浸透させる」ことで色を出すというもの。
ですので、特に初めてカラートリートメントを使う場合は、色がすぐには入りにくい傾向があるんです。

しっかりと色を入れる為のポイント<色が定着する前>

色が定着するまでの最初の3回程度は以下の方法で使用しましょう。

ポイント1 シャンプー前の乾いた髪に使う

ルプルプヘアカラートリートメントはシャンプー後の濡れた髪に使ってもいいのですが、よりしっかりと染めたい場合には、シャンプー前の乾いた髪に使うのがオススメ。
シャンプー後で髪が濡れている場合には、タオルドライしてしっかりと水気を取ってから染めるようにしましょう。

ポイント2 適量をチェックしたっぷり使う

適正な量を使っていない場合、染料が安定しない場合があります。
使用量の目安は、
・ショートヘアの場合はゴルフボール3個分くらい
・ミディアムヘアの場合はゴルフボール5個分くらい

です。
これを基準に毛量や白髪の量によって調整し、髪全体をおおうように、たっぷりなじませましょう。

この時、乾いた手で使うと染料が取れにくいので、濡れた手で使うか、手袋をした手で使うことをオススメします。

ポイント3 コームを使ってムラなく

全体にたっぷりなじませた後には、コームを使って届きにくい生え際やこめかみにムラなくつけていきます。
通常の白髪染めと違って、ルプルプヘアカラートリートメントは地肌に優しいので、生え際やこめかみまでしっかりとなじませてあげましょう。

ポイント4 ピッタリとラッピング

シャワーキャップかラップを使って、髪全体をピッタリと包み込みます。
この時、蒸しタオルを使って温めるとより染まりやすくなりますよ。
この状態で、20~30分置きましょう。

ポイント5 よくすすぐ

ぬるま湯でしっかり洗い流します。
すすぎが不十分だと汗で色素が落ちる場合がありますので、すすぎ湯に色が出なくなるまでしっかりとすすぎます。
その後、通常通りシャンプー&トリートメントをします。

色を維持するためのポイント<色が定着してから>

一度しっかり色が入ってからは、週に1〜2回の使用でOK。
通常のシャンプーの後に使用しましょう。

使い方は簡単。
シャンプー後の髪に適量を馴染ませ、10分ほど時間をおいて流すだけです。

このようにポイントを抑えて使用すれば、しっかりと色が入り綺麗に染めることができますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

ルプルプヘアカラートリートメント-はこちら

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室