美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

亜鉛が不足すると白髪が増えるの?

白髪予防に効果的な栄養素といえば何と言っても”亜鉛”
亜鉛は、体にとって重要な栄養素であり、タンパク質の合成や抗酸化作用、新陳代謝などの働きがあります。

白髪には亜鉛を摂るといいと言われていますが、実はそのメカニズムはよく分かっていないんだそうです。

そこで、ここでは亜鉛と白髪の関係についてまとめていきたいと思います。

亜鉛の働きとは?

細胞分裂や新陳代謝

亜鉛は特に細胞分裂や新陳代謝に欠かせないもので、私たちの体を老化から守っています。
髪は、毛母細胞やメラノサイト細胞から作られているのですが、新陳代謝が落ちると不完全な状態で作られるようになってしまい、黒髪の元になるメラニンが作られなくなってしまうことで、髪が黒く染まらず、色のない白髪として生えてきてしまうようになります。

タンパク質の合成

亜鉛は髪の主成分であるタンパク質の合成にも欠かせません。
亜鉛を摂取することでタンパク質の代謝を促し、髪のトラブルを改善すると言われています。

メラニン色素の合成

メラニン色素の原料の一つであるチロシンというアミノ酸はチロシナーゼ酵素によってメラニン色素に変換されますが、亜鉛はチロシナーゼ酵素の構成成分であり、メラニン色素の合成に欠かせない栄養素です。

抗酸化作用

さらに白髪の原因の一つは、活性酸素に含まれる過酸化水素だと言われています。
亜鉛には抗酸化作用があり、白髪の原因の一つと言われる活性酸素を除去する働きがあるとも言われています。

成長ホルモンの分泌促進

成長ホルモンは、別名「若返りホルモン」とも言われますが、血行や新陳代謝を促進し、損傷した細胞を修復する働きがあります。
成長ホルモンは、思春期に多く分泌されるのですが、加齢とともにその分泌量は徐々に減ってしまいます。
亜鉛には、成長ホルモンの元であるタンパク質の合成を助ける働きがあると言われています。

白髪と亜鉛不足の関係

30代になると、急に白髪が増え始めますよね。
この白髪が増える背景には、亜鉛不足があると言われています。

亜鉛と言えば、食事から吸収しづらく様々な要因で容易に減少してしまう栄養素。
例えば、「飲み過ぎちゃった〜」ってことよくあると思いますが、アルコールを分解する時には大量の亜鉛が消費されてしまうんです。
また、亜鉛は汗の中に多く含まれており、発汗とともに体外に流出すると言われています。
スポーツをする人や汗をかきやすい方は不足しがちな傾向にあります。
さらに、ダイエットや栄養の偏りによって亜鉛の摂取が減ってしまうと、一気に亜鉛不足となってしまいますので、飲酒が多かったり栄養不足気味の方は特に注意が必要です。

亜鉛で白髪を改善しよう!

「白髪には亜鉛」というくらいなくてはならない栄養素であるものの、そのメカニズムはまだ解明されていないんだそうです。

ただし、亜鉛には若々しい髪づくりに欠かせない上記で述べたような様々な働きがありますので、積極的に摂取するようにしましょう。

亜鉛は、牡蠣、しじみ、うなぎ、牛肉、豚肉、チーズ、納豆などに多く含まれています。
肉や魚、大豆製品などに多く含まれているので摂取しやすいのですが、アルコールの分解や発汗、添加物によっても体外に排出されやすい栄養素なので、不足しやすくなっています。

毎日の食事でバランスよく摂取することが基本ではありますが、「ちょっと最近栄養不足気味かも・・・」という場合には、サプリメントで補給することがオススメです。

長期的に飲みづつけることで、少しづつ変化を感じられるようになってきますので、せっかく飲む場合には、数ヶ月飲んでみてくださいね。

亜鉛不足の方にオススメのドクターズサプリ「ブラックサプリEX」はこちら

Pocket