美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

傷んでると髪が臭くなりやすいってホント?原因と対策はこれ!

毎日ちゃんと洗っているのに、髪の匂いがなんだか気になって・・・ってことありませんか?
例えば、焼肉に行ったり、タバコを吸っていたりするとどうしても髪に匂いってつきやすいですよね。
こんなつきやすい匂いだけでなく、ちょっとした空気の匂いが髪につきやすくなっている時は髪がダメージを受けているサインです。

そこで、ここでは髪にダメージがあると匂いがつきやすくなる原因と対策についてまとめていきたいと思います。

髪のダメージは匂いがつきやすいってホント?

髪の毛は、紫外線や摩擦、パーマやカラーリングなどによってダメージを受けやすくなっています。
ダメージを受けた髪は、キューティクルが剥がれていて髪内部の水分を保持することができない状態。
キューティクルが剥がれているとその隙間に匂いが入り込んでしまい、周りの臭い匂いがつきやすくなっているんです。

臭い匂いだけでなく、シャンプーなどの匂いもつきやすくなっているので、「なんだか最近シャンプーの匂いがしっかりついてて、いい香り♪」って時も、喜んでいる場合ではありません。
良い匂いも臭い匂いも、匂いがつきやすくなっているってことは髪が傷んでいるっていうサインなんです。

さらに、髪が湿っていると余計に匂いがきつくなりがち。
というのも、匂いは水分に吸着しやすいという性質を持っています。
雨の日に洗濯物を部屋干ししていて、洗濯ものに料理などの匂いがついちゃってなんだか臭いって経験ありませんか?
髪の毛も同じで、濡れて湿ったままの髪は匂いが吸着しやすくなっています。
シャンプーの後はしっかりドライヤーで乾かすようにしましょう。

髪の匂いが気になる時の対策

では、髪の匂いが気になる時はどうすればいいんでしょうか?

髪の匂いが気になる時はシャンプーを見直しましょう。
髪だけでなく、頭皮に汚れや皮脂が残っていたり、すすぎ残しがあると匂いの原因となってしまいます。
洗い残しのないよう、しっかり頭皮を洗うようにしましょう。
また、この時に洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと、逆効果です。
洗えば洗うほど、頭皮に取って必要な皮脂を落としてしまうので、余計に皮脂の分泌をしてしまうようになります。
髪や頭皮に優しいシャンプーで、指の腹を使って優しくマッサージするように洗ってあげましょう。

100%天然由来のアミノ酸系ノンシリコンシャンプーはこちら

また、一番大事なポイントが「髪をしっかり乾かす」っていうこと。
濡れた髪は、キューティクルが剥がれやすい状態。
シャンプー後は、できるだけ早く髪を乾かし、濡れて開いたキューティクルを閉じてあげましょう。

特に、頭皮や根元の部分は乾きにくいので、上から下へ、内側から外側に向かって乾かしていくことがポイントになります。
また、髪が8割方乾いたら、冷風に切り替え、キューティクルをスムーズに閉じてあげます。

髪が臭くならないようにする為には、正しいシャンプー、正しいケアで髪のダメージを抑え、しっかり乾かすということが大事になります。
最近匂いが気になる・・・って方は、是非シャンプー方法とドライヤーを見直してみてくださいね。

Pocket