美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

増毛と植毛って何?違いを知って、薄毛をケア


男性の薄毛市場では、「増毛」「植毛」などいろんな治療やアイテムがたくさんありますよね。

今は、女性でも薄毛や抜け毛に悩む方が増えているそうですが、女性でも「増毛」や「植毛」ってできるんでしょうか?

増毛と植毛ってどう違うの?

植毛と増毛は根本的に異なっています。

植毛とは、その名の通り「毛を植える」こと。
今の主流は「自毛植毛」なのですが、自分の後頭部の髪の毛を薄くなっている部分に移植するという方法です。
薄毛に影響しない後頭部の皮膚をメスでカットし、その毛根を髪の毛が薄くなっている部分に植えるので、毛根が定着してしまえば、それまでの髪の毛と同じように伸びます。
つまり、周りの髪の毛と同じように生えるのでメンテナンス不要と、薄毛に悩む方にとっては夢のような方法です。

デメリットとしては、植えた毛根が定着し他の髪の毛と同じようになるまでに半年〜1年ほど時間がかかるということ、さらに手術費用が高額であることがあげられます。

増毛とは、髪が薄くなっている部分の髪の毛に人工毛をつけてボリュームアップさせるという方法。
特に女性の薄毛は、男性と違って生え際が後退していくような形ではなく、全体的に髪が細く薄くなっていきます。
特に、トップのボリュームダウンに悩む方が多いので、毛量を手っ取り早く増やすことができる増毛は女性にぴったりの方法です。

デメリットとしては、定期的にメンテナンスが必要になり、サロンや美容室に通う必要がありますが、行きつけの美容室でカットなどトータルでやってもらえるというのがメリットです。

増毛と植毛、女性にはどちらがオススメ?

植毛といえば、以前は男性のための施術というイメージが強かったのですが、今は女性の自毛植毛も増えているそうです。

髪は女の命といえるほど大事なパーツ。
薄毛に悩んでいたことを忘れるくらい普通に過ごしたいという方は自毛植毛がオススメです。
特に、女性は「びまん性脱毛症」に悩む方も多いそうです。
びまん性脱毛症とは、女性に多い脱毛症の一つで、頭頂部を中心に毛の数が減り、細くなるのが特徴です。
男性のように、おでこや頭頂部がはげてしまうのではなく、じわじわと薄くなり見た目がかなり老けて見えるようになります。
部分ウイッグを使っている方も多いようですが、今は薄毛の悩みを根本から解決するために、自毛植毛を選択する女性も増えているんだそうです。

しかし、先ほど述べたように、自毛植毛手術は多額の費用がかかり、また改善までにはある程度の期間が必要になります。
植える株数にもよりますが、50万〜200万ほどの費用がかかります。

もっと手軽に、早く髪を増やすことができるのが「増毛」です。
美容院でも取り扱っているケースが増えてきた「増毛エクステ」は気軽に髪のボリュームを増やすことができるので、とても人気が出てきています。
やり方は、今生えて言える自分の髪の毛に人工毛を結んでいくという方法。
自毛と一体化して見えるので人に気付かれる心配もなく、自然に髪のボリュームを増やすことができます。
すっかり定番になったマツエクと同じジャンルの方法です。

今ある髪の毛に人工毛を結んで増やすので、全体的になんとなく薄くなっていくという女性の薄毛にはぴったりの方法です。
頭皮へのダメージも少なく、つけた日から髪のボリュームアップが叶い、いろんなヘアスタイルを楽しむこともできます。
ただし、自毛が伸びることで人工毛が浮き上がってくるので、1ヶ月に1度程度の定期的なメンテナンスが必要にはなります。

どちらも一長一短ありますが、全体的に薄くなってきたという女性が手軽に髪のボリュームアップを図るには、「増毛エクステ」がオススメです。
植毛となるとどこでもできる訳でもありませんし、メスを入れる以上ダウンタイムはどうしてもかかってきます。
増毛エクステなら、美容室で、1〜2万円程度とコスト的にも気軽に行うことができるので、薄毛に悩む女性にはオススメの方法ですよ。
さらに、シャンプーやドライヤー、頭皮ケアなども通常通り行うことができるので、頭皮環境を整え育毛しながら行うことができるというのもメリットです。

是非、試してみてくださいね。

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室