美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

女性の薄毛の原因と対策はこれ!

  • トップにボリュームがなくって・・・
  • 分け目が気になるようになってきた
  • 抜け毛が増えた気がする・・・

若い頃は薄毛って、男性特有の悩みって思っていませんでしたか?
加齢、栄養不足、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因により、実は女性でも薄毛に悩む人が増えているんです。

そこで、ここでは女性の薄毛の原因と、その対策について探っていきたいと思います。

女性の薄毛の原因

男性と女性では薄毛の原因が異なっていて、女性には女性特有の薄毛の原因があります。

男性の薄毛は男性ホルモンが大きく影響していて、髪がだんだん産毛のように細くなり抜け落ちて、最後には生えなくなってツルツルになってしまう…というように進行していきます。

女性の薄毛の原因は、加齢やホルモンバランスの変化、ストレス、栄養不足、頭皮に負担を与える髪型などが主な原因となります。

加齢によるホルモンバランスの変化

加齢による女性ホルモンの減少は薄毛の原因となります。
男性の薄毛の原因でAGA(Androgenetic Alopecia=男性型脱毛症)というものがありますが、同様に女性にも同じような症状としてFAGA(女性男性型脱毛症)というものがあり、薄毛に悩む女性の半数がこのFAGAだと言われています。
加齢とともに女性ホルモンが減っていきますが、相対的に男性ホルモンが優位になってしまうことで、薄毛の原因となってしまうんです。

また、女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、髪の成長に欠かせないホルモン。
これが加齢によって減ることで、髪が十分に成長することができず薄毛になってしまいます。

栄養不足

髪の健康のためには、バランスの良い食事が重要になります。
髪の毛を作るのに必要な栄養素が足りていないと、健康な髪は育たず、痩せて細くなってしまいます。
健やかな髪を育てるためには、髪の主成分であるタンパク質、タンパク質を体内で分解してアミノ酸に変える際に必要になるビタミン、タンパク質を髪の栄養として吸収を高める亜鉛(ミネラル)この育毛3大栄養素を摂ることが重要です。
栄養不足を改善することが薄毛の改善にもつながっていきますので、しっかり栄養を摂るようにしましょう。

頭皮に負担を与える髪型

  • 髪をきつく結ぶことが多い
  • エクステを長期間にわたり使っている
  • 頻繁にカラーやパーマを繰り返している
  • セルフヘアカラーによる薬剤の付着

これらに思い当たることのある方は、薄毛の原因となることがあります。
髪をきつく結んだりエクステを長期間つけていると、どうしても頭皮に負担がかかってしまい、頭皮の血行が悪化することで髪の成長に欠かせない栄養が届きにくくなってしまいます。

また、カラーやパーマはサロンでプロに正しく施術してもらう分にはそれほど負担になりませんが、頻繁に行ったり、セルフカラーの際に薬剤をきちんと落としきれずに頭皮や髪に残ってしまうことで、頭皮が炎症を起こしてしまい、抜け毛の原因となってしまうことがあります。

長期間頭皮に負担のかかるような髪型や、頭皮に炎症を起こしてしまうようなカラーやパーマには注意が必要です。

ストレス

ストレスが溜まると、美容面でも健康面でも様々なところに影響が出てきますよね。
同じように、ストレスが溜まることで薄毛となってしまうことがあります。

脳がストレスを感じると、交感神経が緊張し血管が収縮してしまいます。
そうすると、全身の血流が悪くなって頭皮まで十分な栄養が行き渡らなくなってしまい、結果栄養不足となった髪は痩せて細い毛になってしまい、抜けやすくなってしまうんです。

ストレスが原因となるものには、これらのストレス性の薄毛の他にも円形脱毛症などもあります。

女性の薄毛の対策法

このように様々な原因で、女性でも薄毛になることがあるんですね。
女子の薄毛の対策としては、

  • 育毛剤を使う
  • 正しいヘアケアを心がける
  • 食生活の改善
  • 髪に優しいヘアスタイルを心がける

ということが重要になります。

育毛剤を使う

薄毛や抜け毛が気になる方は、育毛剤を使うのも一つの手です。
男性が使う印象の強い育毛剤ですが、今は女性向けのものも多く発売されています。
育毛剤には<抜け毛の防止、頭皮環境の改善、フケやかゆみの防止>などの働きがあるのですが、細くなりハリやコシがなくなった髪の毛を太く強くしていくという効果が期待できます。

ポイントは、女性用の育毛剤を選ぶということ。
男性と女性では薄毛の原因が異なりますので、内容成分も違っています。
女性の育毛剤は、栄養成分や保湿成分イソフラボンなど女性ホルモン様成分が配合された低刺激のマイルドな育毛剤が多く、男性向けのものはやや刺激があるものが主流となりますので、女性向けのものを使うようにしましょう。

正しいヘアケアを心がける

抜け毛を防止する為には、正しいヘアケアが重要です。
髪の匂いが気になるからって、1日に2回以上洗髪していたりしていませんか?
過剰な頭皮への摩擦は頭皮に負担をかけ、また頭皮の乾燥を招いてしまいます。
シャンプーは1日1回を基本に、肌質に合わせて低刺激なシャンプーを使うようにしましょう、
乾燥肌の方は特に、洗浄力が控えめで低刺激なアミノ酸系のシャンプーがオススメ
です。

100%天然由来の低刺激なシャンプーを実際使ったレビュー記事はこちら

食生活の改善

健康な髪を作るのは、毎日の食事です。
髪にいい食べ物と言えば、真っ先に「ワカメ」が思いつきますよね。
でも育毛3大栄養素とも言われる栄養素は、髪の元になるたんぱく質、そのたんぱく質から髪を作り出す手助けをする亜鉛(ミネラル)、頭皮や髪の健康を守るビタミンの3つです。
髪の元になるたんぱく質の中でも、大豆は特にオススメ。
大豆には、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれていますので、薄毛に悩む女性が特に積極的に摂りたい栄養素なんです。

髪に優しいヘアスタイルを心がける

髪が引っ張られ続けると、頭皮に負担がかかる言われています。
いつも同じ分け目にしている方は要注意。
髪が同じ分け目であることで髪が引っ張られてしまい、その分け目から薄毛が目立つようになることがあります。
また、紫外線が同じ部分ばかりに当たってしまうのも、頭皮に負担がかかりますので、時々分け目を変えてあげるようにしましょう。

また、いつも髪を結んでいる方やエクステを付けている方も注意が必要。
髪を強く結んだりすることで、髪が引っ張られてしまい頭皮に負担がかかってしまいます。
毎日同じヘアスタイルを続けないようにして、髪を結ぶ場合はゆるくふんわり結ぶなど対策をしましょう。

女性の薄毛って原因によって、対策も異なるんですね。
自分の髪と頭皮の状態に合わせてしっかり対策し、いつまでも若々しい髪でいましょうね!

Pocket