美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

女性ホルモンの低下が髪に与える影響とは

  • 最近抜け毛が増えてきた
  • トップのボリュームダウンが気になる…

こんなお悩みは、女性ホルモンの低下が原因かも。

髪の毛って年齢が出やすいパーツだからこそ、しっかりと対策をして、若見えを目指したいですよね。

そこでここでは、女性ホルモンの低下が髪に与える影響とその対策についてご紹介します。

女性ホルモンの低下が髪に与える影響


生理、妊娠・出産だけでなく、女性の肌や髪など若々しさにも影響を与える女性ホルモン。
生涯でわずかティースプーン1杯分しか分泌されない女性ホルモンは、女性の身体だけでなく心までも大きく左右します。

女子ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、1ヶ月の間で一定のリズムで分泌がされています。

このうち、女性らしいカラダをつくるのが卵胞ホルモン(エストロゲン)
肌や髪のハリや潤いを保ったり、女性らしい丸みを帯びた身体つきを保ったり、骨の密度を保ったり、自律神経に作用したりと、健康にも美容にも欠かせないホルモンです。
女性の心身に大きく影響します。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、妊娠を司るホルモン。
妊娠の継続を助けるホルモンであり、受精卵の着床のために子宮内膜を整えたり、基礎体温を上昇させたりします。
また、体内の水分を保ち、生理前の体の変化はプロゲステロンが原因だと言われています。

この2種類のホルモンは月経と連動し、分泌量のバランスを変化させています。
まず、生理が終わるとエストロゲンが一気に増加します。
生理が終わると肌の調子が良くなったり、ダイエットが成功しやすくなりますが、それもこのエストロゲンの働きによるもの。
そして、分泌のピークを迎えた後に排卵が起こります。

また、排卵前から少しづつ増加していたプロゲステロンは排卵後、妊娠に備えて分泌量が増加しますが、妊娠が起こらなければ生理となり、その分泌量は低下します。

このうち、女性らしさに関わるのがエストロゲン。
エストロゲンは生涯での分泌量が決まっているので、増やすことはできません。
20代後半から30代前半でピークを迎え、その後は年齢とともに徐々に減少を続け、閉経すると殆ど分泌されないようになります。

このエストロゲンの働きは、髪にも大きな影響を与えます。
エストロゲンの働きによって、髪は生える~抜ける周期・ヘアサイクルが整い、毛の成長期が十分に長くなることで1本1本がしっかり育つようになります。
若い時は、白髪や抜け毛も少なく、髪にもツヤやハリがありますよね。
これは、女性ホルモンがバランス良く分泌されていることによるもの。

エストロゲンの分泌が減りバランスが乱れると、髪にうねりやパサつきが出るようになり、ヘアサイクルの乱れに伴って髪がしっかりと育ちにくくなり、抜け毛につながりやすくなってしまうんです。

女性ホルモンが低下したら・・・その対策とは

40代を過ぎると女性ホルモンの低下が始まるので、髪のトラブルが増えるようになっていきます。
頭皮の血行を良くするケアをしたり、髪や頭皮を清潔に保ったりと、髪のために良いケアを心がけるようにしましょう。

生活習慣に気をつける

生活習慣が乱れると、ホルモンバランスの乱れが生じますので、

  • 正しい食生活
  • 良質な睡眠
  • 過労に気をつける
  • ストレスを溜めない

ということを大事にして、ホルモンバランスが乱れないよう気をつけ、健康的な生活を心がけることが大事になります。

女性ホルモンに似た働きをする成分を摂取する

減っていく女性ホルモンを増やすことは基本的にできませんが、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするといわれる栄養素を摂ることで、補うことができます。
簡単に摂取できることからもオススメなのが大豆食品に含まれる「大豆イソフラボン」。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと“似た働き”をする成分です。
エストロゲンと化学構造が似ており、よく女性ホルモンを増やすと誤解されますが、“似た働き”をするものです。
大豆食品である、豆腐や納豆、味噌など普段の食事に取り入れやすいことからもオススメです。

正しいヘアケアで抜け毛を防ぐ

女性ホルモンが低下するようになると、髪はコシやハリがなくなり、1本1本が細く抜けやすくなっていきます。
そこで大事になるのが、ヘアケアです。

シャンプーをすると大量に髪が抜けるようになった…ってことありませんか?
シャンプーには界面活性剤というう汚れを浮かせる成分が配合されており、ものによってはその作業が強く、肌の状態を悪化させてしまうことがあります。
かといって髪を洗わないと、頭皮に汚れや皮脂などが詰まってしまい、抜け毛などの原因となってしまいます。

シャンプーは1日1回を基本に、肌質に合わせて低刺激なシャンプーを使うようにしましょう、
抜け毛が気になる方は、洗浄力が控えめで低刺激なアミノ酸系のシャンプーがオススメです。

女性ホルモンが低下すると様々なところに影響が出るようになりますが、正しい生活習慣、正しいヘアケアで女性ホルモンのバランスを保ち、健康で艶やかな髪でいられるといいですね。

>>アミノ酸系のシャンプーならharu kurokamiスカルプがオススメです。

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室