美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

女性ホルモンを増やしたら、薄毛は解消される?


女性の薄毛の原因の一つ、女性ホルモン
女性の身体は女性ホルモンと密接な関係があって、月経、妊娠、出産とそのライフステージごとに女性は影響を受けます。

骨や血管などの健康面だけでなく、女性ホルモンはお肌や髪にも大きな影響を与えます。
その一つが薄毛
出産後に女性の髪の毛が一気に抜けて、髪が薄くなってしまうというのはよく聞くところだと思いますが、女性ホルモンが減少することにより女性は薄毛になってしまうんです。

では、女性ホルモンを増やせば、逆に髪は生えてくるんでしょうか?

女性ホルモンと薄毛の関係

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二つが存在しています。

エストロゲンは、卵胞を育てる働きのあるホルモン。
思春期から分泌が始まり、20〜30代前半までは安定して分泌されています。
エストロゲンは、子宮内膜を増殖させ妊娠できるよう身体を整える働きがあるのですが、その他にもコラーゲンを増やしお肌や髪にツヤを出したりと女性らしさを保ってくれます。

プロゲステロンは、排卵後に増えるホルモン。
子宮内膜を柔らかくし、妊娠の準備を整えてくれます。
妊娠すればプロゲステロンは分泌を続け、出産まで子宮内膜を維持することになりますが、妊娠しなかった場合は、2週間ほどでその分泌量は減少し、生理となり子宮内膜が剥がれ落ちます。
女性の身体はこの二つのホルモンがバランスよく分泌されることが大事になるんです。

この女性ホルモンのバランスは、ストレスや睡眠不足などちょっとしたことで崩れてしまいますが、そうでなくても年齢とともに減少してしまいます。
更年期とは女性ホルモンの分泌が急激に減少したことで起こるイライラやほてりなどの不快な症状。
そして、その症状の一つに薄毛があるんです。

どうすれば女性ホルモンの分泌が増えるの?

女性ホルモンがバランスよく分泌されていれば、肌はツヤツヤになり髪も健やかに保たれるということ。
つまり、女性ホルモンのバランスを整えることで、薄毛対策をすることができます。

では、どうすれば女性ホルモンの分泌が増えるんでしょうか?

プラセンタ治療

プラセンタ治療って聞いたことありますか?
プラセンタとは、哺乳類の胎盤から抽出したエキスのこと。
胎盤には、胎児の成長に欠かせない3大栄養素のタンパク質・脂質・糖質にミネラル・ビタミンを加えた5大栄養素、アミノ酸、活性ペプチド、核酸、酵素、各種グロスファクター(成長因子)など、たくさんの栄養素が含まれているんです。
食事から摂ることはできないので、サプリメントやドリンクなどの健康食品、化粧品や注射することにより体内に取込みます。
健康食品等で手軽に摂るのがメジャーな方法ですが、プラセンタ注射の方がその効果は高いと言われています。
プラセンタによる育毛治療としては、頭皮に直接プラセンタ注射をするという方法が行われます。
プラセンタを注射することで、ホルモンバランスを整えたり、成長因子が毛母細胞を増殖させるなど高い育毛効果があると言われています。

デメリットとしては、定期的な通院が必要になり、また保険適用外の診療になりますので、コストが嵩むという点が挙げられます。

イソフラボンの摂取

良質な植物性タンパク質や多くの栄養素がたっぷりと含まれている大豆。
この大豆から摂ることができるのが、大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンには、 女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする効果があると言われており、大豆イソフラボンを摂取することでで薄毛対策に効果があると言われています。

これらを手軽に摂取するには、サプリメントがオススメです。
特に、プラセンタ注射はコストや手間もかかり、なかなか継続して通院を続けるのって難しいですよね。
サプリメントであれば、毎日手軽に摂取することができ、また飲むことで髪だけでなくお肌にも良い効果がありますよ。
さらに、エストロゲンに似た働きをする効果があるといわれているイソフラボンもサプリメントで手軽に摂ることができます。
プラセンタとイソフラボンをサプリメントで手軽に摂取して、女性ホルモンをサポートし薄毛対策しましょうね!

Pocket