美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

髪と頭皮のお悩み相談室

妊娠中って、カラーリングしてもいいの?

Question〜質問〜
妊娠前から、定期的にヘアカラーをしています。
今すでにプリン状態なので、カラーリングしたいなと思っていますが、妊娠・育児本では「妊娠中のカラーリングはNG」と書いてありました。
妊娠中のカラーリングってダメなんでしょうか?
Answer〜回答〜

妊娠中はホルモンバランスの変化で敏感になりがちです。
かぶれやかゆみなどトラブルの原因にもなりますので、妊娠中のカラーリングはやめておきましょう。

妊娠中は約10ヶ月。
長いですよね。
この期間で困ることの一つがヘアスタイルじゃないでしょうか。

特に、これから迎える出産や育児のことでナーバスになったり、思うように動けないストレスもあるし、ストレス発散のため髪でも切ってさっぱりしたい!って方も多いのでは?

でも、妊娠中にヘアカラーやパーマってしてもいいんでしょうか?

妊娠中のヘアカラー

妊娠中のヘアカラーが胎児に影響があるのかどうかは、医学的にははっきりしていないそうです。

でも、妊娠中はホルモンバランスの変化により、肌や頭皮などあらゆる部分が刺激を受けやすくなっています。
妊娠前は、カラー剤でかぶれることがなかった方でも、妊娠中はカラーリングの際にかゆみが出たりかぶれやすくなることがあります。
また、カラー剤の匂いは独特で、つわりなど匂いに敏感な妊婦さんには辛いかと思います。

美容院の中には、妊婦さんへのヘアカラーやパーマはお断りされているところも多いですが、市販のヘアカラー剤も同様に「妊娠中の使用はお控えください」と書かれています。

カラーやパーマなどは、妊娠中は控え、出産後のお楽しみとして取っておくようにしましょう。

ヘアカットくらいなら大丈夫かしら?と思う方もいらっしゃいますよね。
ヘアカットは問題はないのですが、お腹が大きくなるとシャンプーの体制が辛かったり、長時間同じ体制でいるとお腹が張ってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

妊娠中の美容院は、つわりが終わった後の妊娠中期がオススメです。
妊娠中期にあたる5~7ヶ月ごろは比較的体調も安定していることが多いので、できるだけこの安定期に美容院は行くようにしましょう。
また、体調が優れない場合には別の日にするなど無理をしないということが大事になります。

でも、出産後は赤ちゃんのお世話で数時間おきの授乳に追われ、自分のことは後回しになり、気がつけばもう何ヶ月も美容院に行っていない!ってことになりがちです。
体調と相談しながら、妊娠中にヘアカットでリフレッシュできるといいですね。

Pocket

Review  オススメ商品