美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

巻き髪を長時間キープする5つのポイント

家を出る前にしっかりコテで巻いたのに、外に出た途端に湿気や風などで巻き髪が取れちゃってるってことってありませんか?
仕事の後に予定がある時などは特に、巻き髪キレイな状態で長時間もってほしいですよね。

そこで、ここでは巻き髪を長時間キープする為に注意したい、いくつかのポイントについてご紹介していきます。

巻き髪をキープする5つのポイント

雨にも負けず、風にも負けず、巻き髪を長時間キープするには5つのポイントがあります。

  1. 巻き髪専用の下地スタイリング剤を使う
  2. 髪を完全に乾かした状態で巻く
  3. ブロッキングして巻く
  4. 熱をしっかりと冷ます
  5. 仕上げにハードスプレーを使う

1 巻き髪専用の下地スタイリング剤を使う

今はドラックストアでも、様々なカールローションと呼ばれるスタイリング下地が販売されています。
カールローションには、コテの熱から髪を守る、しっかりカールをつけてキープするという二つの目的があります。
夜までカールを持たせる為には必須ですので、必ず使うようにしましょう。

2 髪を完全に乾かした状態で巻く

髪が完全に乾いてない状態で高温のコテで髪を巻いてしまうと、髪が傷む原因となってしまいます。
また、巻きが取れやすかったり、カールがつかなかったりすることもありますので、必ず事前に髪を乾かしておくことが大事になります。
寝起きって寝癖などがついていることも多いと思いますが、しっかりブラッシングをしたりブローをしておくことで巻きやすくなりますので、しっかり事前に準備をしましょう。
1のカールローションをつけると、若干髪が湿った状態になりますが、これも髪が傷む原因となります。カールローションをつけた後にブローするようにしましょう。

3 ブロッキングして巻く

巻き髪をする時って、面倒でまとめて大量に巻いていませんか?
細かく分けて巻くのと、大量に巻くのとではカールのつき方ももちも異なります。
面倒でも、上中下の3ブロックくらいに分けて、少しづつ髪を巻いていくようにしましょう。
また、温度も重要です。
コテの温度は、160〜180度くらいが基本です。
温度が低いと髪は傷みにくくななるのですが、カールがなかなかつかなかったり、落ちやすくなったりします。
少し高めの温度で、一度に5秒程度と短時間で巻くようにしましょう。
また、毛先から巻くと毛先だけがくるくるになってしまいますので、中間から巻いて上の方からカールを出すということも大事になります。

4 熱をしっかりと冷ます

髪の毛は、熱を加えて冷めていく時に形状記憶されます。
ドライヤーの最後に冷風を当てるのも同じ理由です。
巻いた後にすぐにカールをほぐしてしまうと巻きが取れてしまいますので、弱めの冷風を当てたり、しばらく待って熱が冷めてしまってから髪をほぐすようにしましょう。

5 仕上げにハードスプレーを使う

髪を冷ました後は、スタイリング剤の出番です。
ワックス等のスタイリング剤を手に取り、巻いた毛束を下から持ち上げるようにしてなじませていきます。
また、最後はハードスプレーの出番です。
ワックスの後にスプレーをかけ固めることで、湿気に強くなります。
髪の内側からと外側から、髪を持ち上げながら吹きかけるようにしましょう。

ただし、つけすぎはバリバリになってしまうので注意が必要です。

この工程で巻き髪をすることで、湿気や風にも強く夜まで長時間キープできる巻き髪を作ることができますよ。
ぜひ、試してみてくださいね。

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室