美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

春はキューティクルが乱れるってホント?

暖かくすごしやすい春。
でも意外と春は髪の毛にとって過酷な季節だって知っていましたか?

そこでここでは、春にキューティクルが乱れる原因と対策についてご紹介します。

春にキューティクルが乱れる原因

キューティクルって言葉聞いた事ありますよね。
髪は3層で構成されているのですが、そのうち一番外側にあるのがキューティクルです。
キューティクルはうろこ状になっていて数枚が積み重なる事によって、毛髪内部を守っています。
キューティクルがある事で髪の毛は外部の刺激から守られているのですが、髪の最表面にあるので外部の影響を受けキューティクルは乱れやすくなっています。

冬は空気の乾燥に加え、エアコンなどの影響もあって常に乾燥しているので、髪は潤い不足の状態。
健康な毛髪は12~13%の水分を保持していると言われていますが、冬場は空気の乾燥により毛髪も乾燥し水分量が少なくなってしまいがちです。
水分が少なくなった髪は、表面のキューティクルが乱れ剥がれやすくなっているので、切れ毛や髪のパサツキなど様々な影響が現れるようになります。

そんな乾燥によるダメージが進んでいるところに、春になり急激に強まった紫外線を受けることで髪はさらなるダメージを受けてしまいます。
というのも、紫外線を浴びるとお肌って乾燥しやすくなりますが、髪や頭皮も同じように紫外線は乾燥を進めてしまいます。
頭皮に潤いがあると、肌のバリア機能によって紫外線の影響を最小限にすることができますが、水分不足で乾燥した頭皮は紫外線の影響をより受けやすくなります。
髪の毛も同じように、乾燥によってキューティクルが乱れているところにさらなるダメージを受けることで、よりキューティクルが乱れ剥がれやすくなってしまうんです。

春のヘアケア

ではどうすれば、髪のキューティクルを整え、ツヤのある髪をキープすることができるんでしょうか?

髪の紫外線対策を

冬場の乾燥によって、ダメージを受けやすくなっている髪は紫外線の影響を受けやすくなっています。
紫外線を浴びるとキューティクルが剥がれやすくなり、髪がパサついたり、枝毛や切れ毛になりやすくなりますので、帽子や日焼け止めスプレーを使って紫外線対策を行うようにしましょう。

シャンプー後はすぐにドライヤーで乾かす

キューティクルは髪が濡れることで開くという性質があります。つまり、髪が濡れているとキューティクルが開き、髪内部の潤いや栄養が逃げてしまいやすくなっている状態ってこと。
シャンプー後は、速やかにドライヤーを使って髪を乾かしてあげましょう。
但し、キューティクルは熱に弱いという性質があります。
ドライヤーの熱を長時間あてることで、キューティクルがはがれたりダメージの原因となりますので、短時間で効率よく髪を乾かすようにしましょう。

トリートメントで傷んだ髪を補修

髪は死んだ細胞だって知っていましたか?
その為、髪に自己修復機能はなく、一度傷んだ髪が元に戻ることはありません。
傷んだ髪はトリートメントを使って髪の内部に栄養分を補うことで、失われたタンパク質や水分を補給し、また髪表面を保護してあげましょう。

このように、乾燥や紫外線でダメージが蓄積された髪はしっかりケアをすることで、ツヤ髪をキープすることができますよ。

ぜひ、春のヘアケア大事にしてみてくださいね。

ダメージヘアのケアならラサーナ「プレミオール」がオススメです。

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室