美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

枝毛ができる原因と対策

  • 毎日ケアしているつもりなのに枝毛になってしまう
  • 枝毛のせいで、髪がまとまらない…
  • 切っても切っても枝毛ができるからなかなか髪が伸びなくって…

髪が長くなると特に、枝毛が気になるようになりますよね。
せっかく髪のセットをしても、毛先の方に枝毛があることでうまくまとまらなくって困っちゃいます。

きちんとヘアケアをしているつもりなのに、できてしまう枝毛。
では枝毛ってどうしてできるんでしょうか?

そもそも枝毛って何?

髪は大きく分けて、3つの層で成り立っています。
一番の外側にあるのがキューティクル。
キューティクルは半透明のうろこ状のもので、数枚が積み重なることで毛髪の内部を守っています。
髪の最表面にあるので、常に外部の刺激や摩擦などにされされており、傷つきやすいのが特徴です。
その内側にあるのが、コルテックスという繊維状のタンパク質、脂質、水分で構成された部分。このタンパク質、脂質、水分量が髪の柔らかさや太さに影響しています。
一番内側にあるのがメデュラ
柔らかなタンパク質と脂質が主成分でできていて、毛髪の芯となる部分です。

髪の一番外側にあるキューティクルはとても硬く丈夫なのですが、ダメージを受けるとはがれたり毛羽立ったりしてしまいます。
そうすると内側のコルテックスが剥き出しの状態になってしまい、コルテックスに含まれている水分やタンパク質が流出してしまうことで髪が傷んでしまうんです。
コルテックスに含まれるタンパク質は繊維状で裂けやすいのが特徴。
そして、髪がダメージを受けることで縦に裂けてしまったものが枝毛なんです。

枝毛ができない為には

髪はすでに死んでしまった細胞なので、できてしまった枝毛を修復することはできません。
だから、枝毛ができないようなケアが大事になるんです。

枝毛になる大きな原因は「摩擦」。
髪をゴシゴシとタオルで拭いたり、強引にブラッシングをするとキューティクルがめくれる原因となってしまいます。
必要以上に摩擦を与えないように優しくケアをするようにしましょう。

また、髪が濡れている時はキューティクルが開いた状態。
キューティクルが開いた状態だとコルテックスに含まれるタンパク質や水分がどんどん流出してしまいますので、シャンプー後は速やかに乾かすということが大事になります。
自然乾燥は髪を傷めるので、ドライヤーでしっかりと乾かしてから寝るようにしましょう。

また、パーマやカラーリングの後って髪が傷むと思いませんか?
これは、カラーやパーマをする時に毛髪内部に薬剤を入れるため、キューティクルを剥がす必要があるから。
カラーであれば、一旦キューティクルを剥がして、カラー剤をコルテックスまで浸透させ、その後キューティクルを閉じるのですが、キューティクルを剥がしたことによって髪はどうしても傷みやすくなってしまいます。
カラーやパーマは適度な間隔をあけながら施術するようにし、日常的にトリートメントでケアすることが大事になります。

トリートメントは、タンパク質を失ったコルテックスに栄養分を補給しますので、傷んだ髪のケアに最適。
また、アフターバストリートメントやオイルで髪を保湿・保護すれば髪のダメージは目立たなくなり美しく見せることは可能ですよ。

枝毛は一度できると戻せないので、早めのケアが大事ってこと。
できる前のケアと、できてしまったら早めにヘアサロンでカットしてもらうことで、枝毛のケアしましょうね!

ラサーナ「プレミオール」は枝毛の気になる方にオススメです。

Pocket