美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

活性酸素が髪に与える影響とは

肌にシミやソバカスができたり、ハリがなくなってたるみが気になるようになるのは、肌が酸化しているからって知っていましたか?

肌の酸化(サビ)の原因は、活性酸素。
りんごを半分に切って放置すると茶色っぽく変色していきますが、これは酸化が原因。
酸素を吸うことで生きている私たちは常に活性酸素による酸化にさらされているんです。

そして、活性酸素はお肌だけでなく、髪にも影響を与えます。

では、活性酸素は髪にどんな影響を与えるんでしょうか?

活性酸素とは

活性酸素とは読んで字のごとく、「活性」な「酸素」であり、物質を酸化させる力がとても強い酸素のこと。
人間は呼吸をして酸素を体内に取り入れると、そのうち約2%が活性酸素になると言われています。
この活性酸素は全てが悪いという訳ではありません。
活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素があり、そのうち善玉活性酸素は体にとって有害な細菌やウイルスなどを撃退するという働きがあります。
ここで問題になるのが、悪玉活性酸素。
悪玉活性酸素はその強い酸化力と対応力によって、体の正常な細胞までも酸化させてしまい、病気や老化の原因となってしまうんです。

活性酸素が髪に与える影響

活性酸素は、病気や老化の原因にもなりますが、髪や頭皮にも影響を与えます。

頭皮は顔の中でも皮脂の多いTゾーンと比べても、2〜3倍もの皮脂腺があると言われており、皮脂の分泌が盛んな場所。
この皮脂が活性酸素によって酸化してしまうことで、髪や頭皮にも悪影響を与えるようになるんです。

活性酸素が髪に与える影響は主に2つ、

  • 頭皮を硬くする
  • 細胞を弱らせる

という2点です。

頭皮が酸化することで、コラーゲンが破壊され肌に柔軟さやハリがなくなってしまい、頭皮は硬くなってしまいます。
頭皮が硬いということは、十分な栄養が髪に送られなくなるということ。
栄養が十分に送られなくなることで、髪は痩せ、育ちにくくなるので薄毛や抜け毛の原因となってしまうんです。

また、老化に伴って白髪って増えていきますよね。
これも加齢に伴い酵素の働きが弱まることで活性酸素が増えすぎてしまったことの影響の一つ。
活性酸素によって血流が悪くなり、また色素細胞が弱ってしまうことで、髪を黒く色付けるという働きが弱まってしまうからなんです。

このように、活性酸素は薄毛や抜け毛、白髪など髪のエイジングに深く関わっています。
活性酸素をケアして、老け髪をケアしましょうね!

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室