美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

髪と頭皮のお悩み相談室

産毛ってどうして伸びないの?

Question〜質問〜
頭髪は伸びるのに、生え際の産毛って伸びないですよね。
これってどうしてなんでしょうか?
Answer〜回答〜
産毛はまつ毛や眉毛と同じように、ある程度以上には伸びることはありません。
毛乳頭が他の部位と比べて細いので、細くある程度までしか伸びないという性質があるんですよ。

前髪を伸ばしておでこを見せたヘアスタイルにしたいのに、分け目から産毛が出てきたり、短い産毛が額にくっついて何だか野暮ったく見えることってありますよね。
この産毛伸びてくれるか、いっその事剃った方が楽なのかしら?って思っちゃいます。

では産毛ってどうして伸びないんでしょうか?

産毛って何?

産毛とは、もともとは生まれたばかりの赤ちゃんに生えている体毛や髪の毛のこと。
同じように、ごく柔らかく薄く生えている毛を一般的に産毛と呼んでいます。

産毛と普通の髪の毛に違いがあるかというと基本的な構造は同じものです。
ただし、毛乳頭が他の部位と比べて細いので、毛も細く、ある程度までしか伸びないという性質があります。

同じように、眉毛やまつげもどんどん伸びるかっていうとそうではないですよね。
生え際の産毛も同じように髪のサイクルが短く、成長期、退行期、休止期とヘアサイクルが進み、早いサイクルで抜けては生まれ変わってというのを繰り返しているんです。

産毛を伸ばす方法

では、産毛を伸ばすことってできるんでしょうか?
上記のように産毛はヘアサイクルが短いので、基本的には他のところと同じように伸びることはありません。

年齢を重ねると髪の成長期の期間が短くなってしまいがちですが、食生活や生活習慣の改善と育毛剤を使うことによってその成長期の期間をできるだけ伸ばすということは可能です。

というのも、生活習慣が乱れると髪が抜けやすくなったり薄毛が進行するって聞いた事ありませんか?
食生活の偏りや、運動不足、睡眠不足などになると髪の成長に必要な栄養を十分に摂取する事が出来ないので、髪の毛は痩せてしまい抜けやすくなってしまいます。

同じように、栄養を十分に摂取できなければ産毛のヘアサイクルも短くなってしまうので、血液状態を改善するような栄養素をしっかりとることをお勧めします。
特に、海藻類や豆類は髪にオススメの食材です。
わかめや昆布、納豆、豆腐などを普段の食事で積極的に摂るようにしましょう。
これに加えて、育毛剤を産毛部分に付けると、産毛の成長期の期間を伸ばすことができますよ。

それでも、産毛が他の髪の毛のように、太く長く育つということは基本的に考えづらいです。
そうしても産毛が気になるという方は、生え際の産毛をキレイに処理すればスッキリとした印象になることができます。

この時、一気におでこから生え際の産毛までを一気に処理してしまうと不自然になってしまうことがあるので、一気には行わずおでこの方から様子を見ながら少しづつ処理するようにしましょう。
特に、生え際の産毛が濃いタイプの人は生え際から1cmは処理をせずに残した方が自然に仕上げることができますよ。

このように、産毛を他の髪の毛と同じように育てることは難しいです。
前髪をあげたいけど産毛が・・・っていう方は、生え際の産毛処理をしてみてくださいね。

Pocket

Review  オススメ商品