美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

白髪染めやカラーリングの時にピリピリ。これって我慢しても大丈夫?

美容院でカラーリングや白髪染めをしていると、頭がピリピリして痛いことってありませんか?
「ちょっとの辛抱だから・・・」「美容師さんの手を止めるのが何だか申し訳なくって・・・」って我慢してしまうこともありますが、これって大丈夫なんでしょうか?

どうして、カラーリングってしみたりピリピリしたりするの?

ヘアカラーをすると頭皮がしみることがありますよね。
特に、市販のヘアカラーを自宅でする場合や、値段の安い美容室で染めている場合は特に
しみることが多いようです。

これは、薬剤が強いことが一番の原因です。
誰でも簡単に染めることができる市販のヘアカラー剤や、安い美容室で使用しているヘアカラー剤は、簡単に早く染めることができるよう強い薬剤が使われていることが多いのでしみることが多いようです。

また、このカラーリングによる刺激には、「アルカリによるもの」と「アレルギー」の2つがあります。

「アルカリによる刺激」で少ししみる程度であれば、洗い流せば治ることが多いのですが、かゆみが出たりかぶれてしまうこともあります。

このかゆみはアレルギー反応なのですが、この原因はジアミンという成分。
ジアミンアレルギーってよく聞きますよね。
このジアミンアレルギーは場合によっては、重篤な症状になる場合もあるので注意が必要です。
特に、白髪染めはジアミンが多く配合されているケースが多いので、シミやかゆみが発生しやすくなっています。

一度カラー剤でかぶれたり、かゆみが出たり、体調が悪くなったことがある方は、ジアミンアレルギーであることが多いので、基本的にカラーリングはオススメできません。

カラーリング中にしみないために・・・

「前回カラーリングでちょっとしみちゃって・・・」という場合、カラーリングってしない方がいいんでしょうか?

アルカリによる刺激で「ちょっとしみる」という程度であれば、事前に対策をすることによってしみずにカラーリングすることが可能です。
ヘアカラー剤がしみやすい方は、担当の美容師さんに前もって伝えておきましょう。

ヘアカラー前にシャンプーをしない

どうしてヘアカラーの時にしみるのかというと、毛穴の隙間からカラー剤が入り込んでしまうことが原因です。

毛穴の奥にカラー剤が入らないためには、シャンプーをせずに頭皮に皮脂を残しておくことが対策となります。
頭皮が刺激を感じやすい方は、前日からシャンプーを控え皮脂を頭皮に残しておきましょう。
また、美容室に行く時はスタイリング剤はできるだけつけずに行き「しみやすいから事前のシャンプーをしないで欲しい」と一言伝えておくと安心です。

頭皮にカラー剤をつけない

特に要望がなければ、美容室では根元からヘアカラー剤を塗ります。
ただし、頭皮から数ミリをカラーを塗らないようにすることで、しみるということが緩和することができますので、しみやすい方は美容師さんに相談しましょう。
根元から数ミリカラーができないというデメリットはありますが、頭皮にヘアカラー剤をつけずに施術をしてもらうことが可能です。
また、根元のみ刺激の少ない薬剤に変えたり、グラデーションカラーにしたりと美容院であれば様々な対策をしてもらえますよ。

頭皮の保護スプレーをつける

カラーリングをする時って、顔の周りに保護クリームを塗ることが多いと思いますが、頭皮を保護するために保護スプレーやオイルを塗ることもオススメです。
カラー前に、頭皮につけることで皮膜を張りしみにくくなります。

美容院ではカラーリングの途中に「しみませんか?」ってよく聞かれますよね。
これらの対策をしてもひどくしみる場合には、かぶれたり腫れたりしてしまうこともありますし、アレルギーの可能性もありますので、我慢せずに美容師さんに伝えるようにしましょうね。

このように、頭皮にカラー剤をつけないテクニックなどは、とても自分ではできないので美容院に行かないと無理ですよね。
どうしても、自宅でセルフカラーがしたいという場合には、ヘアカラートリートメントがお勧めです。

ヘアカラートリートメントとは、トリートメントとして髪のケアをしながら、髪の表面に塗料を着色しヘアカラーをすると言うアイテムなので、ピリピリしたりしみるということもなく簡単に染めることができますよ。

髪や頭皮に優しくカラーリングをして、美しいツヤ髪手に入れましょうね!

頭皮や髪に優しいのに染まりやすい ヘアカラートリートメントはこちら

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室