美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

紫外線で髪の色が抜けた時のレスキューケアはこれ

強い紫外線を受けた後って髪の色が抜けたり、カラーの持ちが悪くなったりしませんか?
それもそのはず、メイクをしているお肌や日焼け止めクリームを使う体に比べ、髪は常に無防備な状態。
しかも太陽に近い頭は顔と比べて、3倍もの量の紫外線を浴びるんだそうです。

「そう言われてももう紫外線をしっかり浴びて髪の色がちょっと抜けちゃってるし・・・」という方必見!
紫外線で髪の色が抜けてしまった時のレスキューケアについてご紹介します!

紫外線で髪の色が抜ける理由

紫外線を浴びると髪の色が抜けてしまう理由は、紫外線によって髪のメラニン色素が破壊されてしますからです。
というのも、髪の表面にはキューティクルという外部刺激から毛髪内部を守るためのバリアのような膜があり、内部のタンパク質や水分が失われないように働くと同時に髪にツヤを与えています。
キューティクルは髪の根元から毛先に向かってウロコのような形をしているのですが、1枚の細胞は薄く、これらが重なり合って構成されています。

紫外線を浴びると、この髪の表面にあるキューティクルが壊れ、剥がれ落ちてしまいます。
そして、剥がれ落ちたキューティクルの隙間から髪の内部に紫外線が入り込んでしまうようになるんです。

髪の内部にはコルテックスという繊維状のタンパク質でできている層があり髪の毛の弾力を出す働きがあるのですが、同時に髪を黒くするメラニン色素があります。
メラニン色素は紫外線のダメージから髪を守る働きがあるのですが、紫外線を大量に浴びてしまうと、吸収しきれずにメラニン色素は分解されてしまいます。
そしてメラニン色素が減少した髪は、色が抜けてしまい、さらに髪がダメージを受けやすくなってしまうんです。

紫外線で髪の色が抜けた時のレスキューケアはこれ

紫外線を浴びて、髪の色が退色してしまった時のケアは

  • 髪を補修する
  • 保湿
  • 紫外線ケア

この3点が重要になります。

髪の補修

紫外線を浴びた髪はキューティクルが剥がれダメージを受けやすい状態。
その為には、傷んだ髪の毛を補修することが重要になります。
傷んだ髪の補修に絶対使って欲しいのがトリートメント
普段トリートメントを使用しない方でも、週に3日に1度はトリートメントをして髪を保湿するようにしましょう。
トリートメントを髪になじませた後に蒸しタオルで包み、シャワーキャップをかぶり5〜10分ほどお風呂に浸かるとトリートメント効果がアップしますよ。

保湿

日焼けしてしまった時のお肌のケアの基本は保湿ですよね。
紫外線によって、頭皮のコラーゲンが破壊されることでお肌と同じように頭皮も弾力がなくなり、また髪も頭皮も乾燥しやすくなっています。
シャンプーは乾燥から髪や頭皮を守ってくれるような保湿力の高いシャンプーを選びましょう
洗浄成分のマイルドなアミノ酸シャンプーは頭皮を乾燥から守ってくれるのでオススメです。
また、お風呂上りには頭皮の保湿をしっかりしましょう。
頭皮専用のスカルプエッセンスは、育毛ケアやエイジングケアも同時に行うことができるのでオススメです。
もしスカルプエッセンスなんて使ったことないし・・・という方は、手持ちの化粧水でもOK。お肌と同じように頭皮にもたっぷり使ってしっかり保湿してあげましょう。

保湿力抜群!haru kurokamiスカルプシャンプーはこちら

紫外線ケア

紫外線が弱まってくると、紫外線ケアって忘れがちですが、紫外線を浴びてダメージを受けた髪はさらなるダメージを受けやすい状態。
さらに紫外線を浴びることで毛母細胞の働きが低下してしまうと、薄毛や白髪などの原因になってしまいますので注意が必要です。

朝のヘアケアには、UVカット効果のあるトリートメントをプラスしましょう。
髪のダメージ補修の為にも、保湿力の高いミルクタイプのものがオススメ。
長時間外で過ごす場合には、日焼け止めを塗り直すように途中で付け直すと安心です。
また、できるだけ日傘や帽子などを併用して、物理的に紫外線をカットするといいでしょう。

紫外線ケアと言えばお肌にばっかり気がいきがちですが、髪と頭皮の健康のためには髪も紫外線ケアが必須です。
うっかり紫外線を浴びて、髪の退色が気になる時には試してみてくださいね!

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室