美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

紫外線の影響は髪にも!紫外線から髪を守る


紫外線の影響といえば、シミやシワなどお肌の老化が真っ先に思い浮かびますが、紫外線は髪にも大きな影響を与えてしまうって知っていましたか?

体の中で一番太陽に近い場所にある髪や頭皮。
その紫外線量は、顔と比較して2〜3倍もの量を浴びてしまうと言われているんです。

では、紫外線は髪や頭皮にどのような影響を及ぼしてしまうんでしょうか?

紫外線が髪や頭皮に与える影響

お肌と同じように、紫外線を浴びると髪は日焼けしてしまいます。

紫外線には、波長が長いA波(UVA)と波長が短いB波(UVB)の2種類があります。
このうち、髪に特に大きく影響を及ぼすのがUVBという紫外線です。
髪にUVBが当たると、メラニン色素が分解され髪が赤茶色に焼けたようになってしまいます。
パーマやカラーなどを繰り返し、傷んだ髪は特に色が退色しやすくなってしまうので注意が必要です。

また、紫外線は髪のパサつきの原因にも・・・。

髪に大きな影響を与える紫外線ですが、実は頭皮にも大きな影響を与えます。
頭皮って髪の毛があるので一見日焼けしそうにないのですが、分け目の部分は特に紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。
というのも、紫外線を浴びると頭皮にある毛母細胞がダメージを受けてしまい、白髪や抜け毛の原因となってしまうことがあります。
美しい髪の毛を保つためには、頭皮ケアも重要なんです。

紫外線は1年中降り注いでいますので、365日紫外線対策は必要なのですが、特に1年の中で最も紫外線が強くなる5〜9月くらいまでの時期は特にしっかりと紫外線対策をするようにしましょう。

髪の紫外線対策

お肌は日焼け止めクリームやBBクリームなどの紫外線カットクリームでケアしますよね。
同じように髪や頭皮にも紫外線対策は必須です。
紫外線から髪と頭皮を守る為には、直接紫外線を当てないように日傘や帽子などを使って紫外線をカットするようにしましょう。

帽子をかぶる時には、髪の毛はおろすのではなく、おだんごのように一つにまとめたヘアアレンジがオススメ。
帽子の中に髪の毛をまとめこんでしまうことで、紫外線から髪を守ることができますよ。

また、日傘や帽子の使えないプールや海などのレジャーシーンには、UVカットスプレーもオススメです。
顔に使っている方も多いと思いますが、頭皮にも髪にも顔にも使うことができるUVカットスプレーは、手軽に対策ができるので嬉しいですよね。
ただし、汗などでどうしても落ちやすいので、数時間おきにシューっとスプレーをして付け直すようにしましょう。

また、いつも分け目が同じ方いませんか?
髪の分け目がいつも同じだと、決まった部分だけが紫外線を浴び続けてしまい、頭皮は大きなダメージを受けてしまいます。
時々分け目を変えるようにして、同じ部分だけに紫外線が当たることのないよう対策をしましょう。

このように、できるだけ紫外線を浴びないように注意していても、どうしても紫外線を浴びちゃった!ってことありますよね。

そんな時は、トリートメントでヘアパックして髪をしっかり補修してあげましょう。
紫外線のダメージを受けた髪は、キューティクルが剥がれてしまい、栄養分が失われてしまっている状態。
トリートメントを使って、栄養分をしっかり補給してあげましょう。

シャンプーの後軽くタオルドライした髪に、トリートメントを塗布し、蒸しタオルを頭に巻きます。
その状態で約10分。
そうするとトリートメントの栄養分がしっかり髪に浸透して、髪を補修してくれますよ。
10分経過した後は、頭皮にトリートメントが残らないようにしっかりと洗い流します。

また、濡れて開いているキューティクルをしっかり閉じることも大事です。
ドライヤーの温風・冷風を使ってしっかり乾かしましょう。

忘れがちですが、紫外線って髪に大きな影響を及ぼしてしまいます。
しっかりケアして、紫外線に負けない美髪キープしていきましょうね。

Pocket