美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

髪と頭皮のお悩み相談室

肌が敏感だけど、白髪染めってしても大丈夫なの?

Question〜質問〜
敏感肌で化粧品を使ってもピリピリしたり赤みが出ることがあります。
白髪が気になるのですが、敏感肌でも白髪染めってしても大丈夫でしょうか?

Answer〜回答〜

ジアミン系薬剤が含まれている白髪染めはかぶれの原因です。
ヘアカラートリートメント、ヘナ、ヘアマニキュアなどの非ジアミン系白髪染めを使うようにしましょう。

すぐに隠したい白髪。
でも、敏感肌の方は特に頭皮がかぶれたりピリピリしたりとトラブルが出がちですよね。

これらの多くは、白髪染めに含まれている「ジアミン」という化学物質に対するアレルギー反応によるもの。
残念ながら、このアレルギー反応は一生消えることはありません。
その為、敏感肌の方は特にジアミン系薬剤が含まれたヘアカラーを使わないことが何より重要になるんです。

ただ、市販の白髪染めの大半はジアミン系薬剤を含んでいます。
敏感肌の方でも安心して使える以下のような白髪染めを使うようにしましょう。

ヘアカラートリートメント

敏感肌に方に人気の毛染め剤、ヘアカラートリートメント。
髪に良い成分が入っているものが多く、刺激も少ないので素手で使うことができるのが嬉しいですよね。
白髪染め特有のきつい匂いもなく、10分程度で染まるので便利なのですが、1週間ほどで色が落ちるので定期的に使わないといけないのがデメリットです。

植物染料のヘナ

強い染色力を持つ植物染料であるヘナ。
色持ちが良く、頭皮や髪に優しいのですが、草木の匂いが強く地肌もオレンジ色になってしまいます。
また、ヘアサロンですることになりますが、3時間ほど時間がかかるというデメリットがあります。

市販のヘアマニキュア

手軽さ人気の白髪染め。
ドラックストアなどでも購入できて、家でできるので便利ですよね。
でも、皮膚につくと取れにくかっったり、使い続けることで染まりが悪くなったり、その後のパーマがかかりづらくなるというデメリットがあります。
また、色持ちも2〜3週間ほどになるので、こまめに行う必要があります。

ヘアカラートリートメントやヘアマニキュアは自宅でもできますが、持ちの悪さがデメリットですよね。
敏感肌の方はやっぱり、ヘアサロンで美容師さんに相談して、白髪染めをするのが一番オススメです。
美容師さんに相談したら薬剤を頭皮に付けずに染めたり、保護オイルで頭皮をカバーすることもできますし、ヘナなど頭皮や髪に優しいカラー剤を選ぶこともできますよ。

トラブルなく白髪染めして、キレイを目指しましょうね!

Pocket

Review  オススメ商品

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室