美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

花粉って髪にもたっぷり付いてるってホント?花粉の頭皮と髪への影響とは

春になるとやってくる厄介なもの、”花粉”。
目のかゆみ、鼻のムズムズ、鼻水がたら〜りと、毎年春になると憂鬱になる人も多いんじゃないでしょうか。
花粉症じゃない人にとっては理解しづらいかもしれませんが、花粉症の人にとっては生活に支障をきたすほど大変なもの。

外に出るときはメガネやマスクをして外出している方が多いと思いますが、実は花粉が一番付着しやすいのは髪だって知ってましたか?

そこでここでは、花粉の髪への影響と対策についてご紹介します!

花粉の髪への影響

花粉を顕微鏡で見ると、ギザギザとした突起のある形をしています。
そしてこのギザギザとした形は繊維にひっかかりやすいので、花粉って髪や衣類などにつきやすくなっているんです。

というのも、髪の毛にはウロコ状のキューティクルがあり、健康な髪はしっかりと閉じているのですが、乾燥していたり傷んでいると開いて静電気を引き起こしやすくなります。
そして花粉は静電気に引き寄せられるので、余計に花粉が髪につきやすくなってしまう
んです。

また、花粉って目に見えないので、髪についていても分かりにくいですよね。
だから、気がつかないうちに髪や頭皮にびっちりと花粉がついていて、花粉症の症状が強くなってしまうということが起こってしまうんです。

では、花粉が髪につくとどんな影響があるんでしょうか?
花粉が髪についたことで起こる最も大きな影響は「頭皮へのアレルギー反応」
花粉が頭皮に付着することで頭皮に炎症が起こると、かゆみなどの原因となります。
そして、頭皮がかゆいとつい掻きむしってしまいがちですが、頭皮に傷がつくとそこに花粉が入り込みよりかゆみがひどくなったり、炎症がさらに起こりやすくなってしまうんです。
また、毛穴が炎症を起こすと正常な毛髪が作られなくなるので、抜け毛や薄毛などの原因にもなってしまうこともあります。

頭皮や髪の花粉対策

花粉の時期は外に出ないのが一番ですが、そんな訳にもいかないですよね。
出来るだけ花粉の影響を受けないように、花粉対策をしましょう。

お出かけ前の花粉対策

花粉は髪のキューティクルに絡みつきます。
髪が花粉にさらされる面を減らすことが重要です。
ロングヘアを下ろしていると、どうしても花粉が髪につきやすくなりますので、ロングヘアの方は髪をキュッと小さくまとめたり、つばの広い帽子を被ることもオススメです。

また、静電気があると髪に花粉がつきやすくなりますので、静電気を防止するよう保湿効果に優れたスプレーやトリートメントをお出かけ前につけてケアしましょう。
また、静電気防止スプレーなどを使うのもオススメです。

お出かけ後の花粉対策

花粉症対策のポイントは、花粉を家に持ち込まないっていうこと。
外出から帰って室内に入る時には全身の花粉を外で落としてから入りましょう。
コートや上着は玄関先ではたいて花粉を落としてから家に入ります。
また、髪にもたっぷりと花粉が付いています。
玄関にヘアブラシを置いておき、家に入る前にブラシで花粉を払いましょう。

また、家に帰ったらすぐにお風呂に入ることをオススメします。
ブラシでは落としきれなかった花粉をシャンプーでしっかりと洗い流します。
ここで大事になるのが保湿効果の高いシャンプーやトリートメントを使ってケアをするということ。
というのも、傷んだ髪はキューティクルが毛羽立っているので、花粉がより付着しやすくなります。

保湿効果の高いヘアケアを使って髪の潤いを保ち、キューティクルを整えることで花粉の影響を受けにくくするってことが大事になります。
花粉を洗い流そうと洗浄力の強いシャンプーを使うのは逆効果です。
洗浄力の強いシャンプーに含まれる合成界面活性剤は刺激が強く、髪に必要な油分までも落としてしまいますので、髪のダメージが気になる時には合成界面活性剤が入っていないシャンプーを使うことをオススメします。

そこでオススメなのが、泡の代わりに”濃厚クリーム”で洗うクリームシャンプー「KAMIKA(カミカ)」。
どんなにシャンプーに有効成分が入っていても泡と一緒に流れてしまうのですが、KAMIKAはクリームにぎゅっと美髪を作る成分を閉じ込めているので、洗いながらも有効成分をぐんぐん浸透させてくれるので、しっとりツヤツヤな髪に導きます。
花粉症にお困りの方は、髪の花粉対策としてしっとり潤うKAMIKA(カミカ)使ってみてくださいね。

KAMIKA(カミカ)について詳しくはこちら

Pocket