美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

血行を良くして、黒髪製造工場”メラノサイト”を活性化


年とともに確実に着実に増え始めるのが白髪。
一気に老けて見えるようになるし、困っちゃいますよね。

白髪の根本的な原因はメラニンを作るメラノサイトの機能低下と言われていますが、どうしてメラノサイトの機能って低下してしまうのでしょうか?

メラノサイトと白髪の関係

メラニン色素と言えば、紫外線を浴びたことで発生する肌が黒くなる原因と認識している人も多いですよね。
でもこのメラニン色素、紫外線から真皮を守るためだけに発生している訳ではありません。

髪の毛を黒く色付けるのもこのメラニン色素。
そして、このメラニン色素を作り出すのがメラノサイト細胞なんです。

黒髪製造工場とも言えるこのメラノサイトが正常に働いていると、髪は黒く色づきます。
ただし、加齢などが原因となり、メラノサイトの機能が低下してしまうと、髪を黒く色付けるメラニン色素が作り出されなくなってしまい、白髪として生えてきてしまうようになるんです。

どうしても細胞って老化によってその機能は低下していきますので、白髪を完全に防ぐことはできません。
ただし、食生活やストレス、血行不良などメラノサイト細胞の機能を低下させる原因って現代には溢れていますので、これらの原因によっても白髪って増えてしまうんです。

血行を良くして、メラノサイトを活性化!

老化なら白髪ってどうしようもないんじゃないって思っちゃいますが、メラノサイト細胞を活性化することで、白髪って予防・改善できるって知っていましたか?

メラノサイトを活性化する為に何より重要になるのが血行促進
血流が良いと、

  • 栄養が供給されやすくなる
  • 体内の老廃物が排出される

というメリットがあります。

メラノサイトは細胞なので、毛細血管から栄養を供給されていますが、血行が悪くなり毛細血管から送られてくる血液が「栄養不足」「酸素不足」となると、細胞が栄養不足となり細胞の機能が低下してしまう原因となるんです。

栄養不足となった細胞は、正常にメラニン色素を作り出すことができませんので、白髪として生えてきてしまう可能性が高くなるんです。

また、体内に老廃物がたまっていると新陳代謝が低下してしまい、細胞の生まれ変わりや細胞分裂が滞ってしまいます。
ですので、血流を良くし老廃物をスムーズに排出することで、新陳代謝を活発にすることがメラノサイト細胞の活性化につながるんです。

このように、「血行」はメラノサイトの活性化と切っても切れない関係
加齢とともに血行も悪くなることがありますので、血行を良くしてメラノサイト細胞を活性化しましょう。

頭皮の血行促進にオススメなのが、頭皮マッサージ
お風呂上がりや、仕事の合間などに頭皮のマッサージやツボ押しを取り入れることで、血行が良くなりますので、合間時間に取り入れていきたいですよね。

血行を良くして、黒髪製造工場”メラノサイト”を活性化することで、美しい黒髪を維持していきましょうね!

Pocket