美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

頭皮が脂っぽくなる原因って何?

脂っぽくべたついた頭皮やペタンコの髪って、不潔に見えないか不安になっちゃいますよね。
特に、夏場ってベタつきが余計に気になりやすくなります。

頭皮の脂っぽさが気になる時って、皮脂を落とそうと何度もシャンプーで洗いがちですが、この間違った習慣によってさらに皮脂の分泌を増やしていることがあるって知っていましたか?

そこでここでは、頭皮が脂っぽくなる原因とその対策についてご紹介します!

頭皮がベタつく原因

頭皮が脂っぽくベタつく原因。それは頭皮の「皮脂」です。
でも間違えてはいけないのが、私たちの肌や頭皮は皮脂によってつくられる肌表面の皮脂膜によって、外部の刺激や乾燥などから守られています。
また、皮膚の常在菌のエサになり肌の環境を保つことで、肌は弱酸性となり、雑菌などから皮膚を守ってくれているんです。

つまり、皮脂は頭皮にとってなくてはならないもの。
でも、皮脂は適度に分泌されている分にはいいのですが、過剰になるとトラブルの原因になることがあります。
というのも、皮脂の分泌が過剰になると、髪や頭皮がベタつくようになったり皮脂の酸化により頭皮のトラブルを引き起こしてしまうようになるんです。

では、どうして皮脂の分泌が過剰になってしまうんでしょうか?

1 間違ったヘアケアの習慣

頭皮の皮脂が多い人は、間違ったヘアケアをしている可能性が高いです。

  • 1日に2回以上シャンプーをする
  • 熱めのお湯で髪を洗う
  • 洗浄力の高いシャンプーを使っている
  • ゴシゴシと強く髪を洗っている
  • 髪を毎日洗わない
  • 髪を乾かさない
  • シャンプーは朝派

これらに1つでもチェックが入った人は要注意。
皮脂分泌が過剰になっている可能性があります。

頭皮のベタつきを気にする人は、髪を過剰に洗う傾向があります。
例えば、洗浄力が強いシャンプーでゴシゴシと洗ったり、1日複数回シャンプーをする人も多いのではないでしょうか。

でも、洗浄力の強いシャンプーで何度も髪を洗ったり、熱いお湯で髪を洗うと、頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまい、一気に頭皮が乾燥してしまうんです。
乾燥した頭皮は、失った皮脂を補おうと分泌量が過剰になってしまい、より皮脂が分泌されるようになってしまいます。
また、シャンプーを髪を自然乾燥する人もいるかもしれませんが、これも間違った習慣。
ドライヤーをかけずに自然乾燥させると髪についた水分が蒸発する時に皮脂までも奪われてしまうので、同じように皮脂の分泌を招いてしまうんです。

じゃあ、髪ってあんまり洗わない方がいいんじゃないの?と思ってしまうかもしれませんが、これもNGです。
頭皮は皮脂やホコリなどで汚れており、毎日洗髪をしないと毛穴が詰まったり脂っぽい状態になってしまうんです。

このように、髪は1日1回低刺激なシャンプーを使って優しく洗うということが基本のケアになるんです。

2 脂質や糖質の多い食事

肉や揚げ物、甘いものなど食べ過ぎていませんか?
普段の食事で脂っぽい食事をしている人は、脂肪分が体内に蓄積されやすくなるので、頭皮の皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。
また、甘い物を頻繁に食べている人も注意が必要です。
頭皮は皮脂線が多いと言われている場所なので、脂質や糖質を摂り過ぎてしまうと、頭皮の皮脂線から分泌される皮脂が多くなってしまうんです。

今まで食べてきた糖質や脂肪分の高い食事を全く摂らなくなるということは難しいと思いますので、「お肉を食べる時には野菜もたっぷり食べる」「スイーツは3日に1回」などバランスのとれた食事を意識することが大事になります。

3 加齢

加齢に伴って女性ホルモンの分泌量が減少すると、肌は正常な油分量を保てなくなってしまいます。
そうすると、肌と同じように頭皮も乾燥肌に傾いてしまうんです。
じゃあ頭皮の皮脂は少なくなるんじゃ?と思うかもしれませんが、乾燥した頭皮は失った皮脂を補おうと分泌量が過剰になってしまい、皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。
また、年齢とともに運動量が減ることで筋力が落ち、基礎代謝が低下しがちになりますので、血行不良になり、頭皮に栄養が届かなくなることで頭皮が栄養不足になり、頭皮のベタつきや抜け毛などのトラブルにつながりやすくなってしまうんです。

頭皮のベタつきを改善するには

頭皮のベタつきを改善するには、<正しいヘアケア>と<正しい生活習慣>が何より大事になります。
お肉や揚げ物など脂っこい食事をよく食べる方は、食生活を改善し野菜をたっぷり食べたり、魚と肉を一日置きにバランスよく摂ったり、調理方法を揚げ物から蒸し物に変えるなどできるだけヘルシーな食事を摂ることを意識しましょう。

また、何より大事になるのが正しいヘアケアです。

洗浄力が高すぎるシャンプーはどうしても頭皮の乾燥を招いてしまいますので、髪や頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを使うことをオススメします。

頭皮の油分バランスを整えるには、ラサーナ「プレミオール」がオススメです

また、シャンプーは1日1回、体温に近い38℃前後の温度のお湯で洗うようにしましょう。
このくらいの温度であれば頭皮の皮脂を溶かして落とすことができ、また頭皮の皮脂を適度に残すことができる温度設定になります。
「ちょっとぬるいかな?」くらいの温度がシャンプーには最適なんです。

洗い方も大事になります。汚れを落とそうとゴシゴシと強く洗うと頭皮が傷ついてしまいますので、指の腹を使って優しく洗うようにしましょう。

そして、濡れたままの髪は雑菌が繁殖したり、頭皮の油分バランスが崩れる原因にもなりますので、シャンプー後はドライヤーを使って髪を速やかに乾かすようにしましょう。

このように、正しい生活習慣と正しいヘアケアによって、頭皮の健康を保つことが頭皮の過剰な分泌を防ぎ、ベタつきを改善する方法になります。
頭皮を健康に保って、ベタつきの気にならない美髪を目指しましょうね。

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室