美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

髪のためには、湯シャンがいいってホント?

髪がパサつくのは、「パーマかけてるから仕方ない」「生まれつきくせ毛だから仕方ない」
そう思って諦めていませんか?

髪のパサつきの原因は、パーマやカラーによるダメージ、紫外線、加齢などいろんな原因がありますが、シャンプーもパサつきの原因になってしまうことがあるんです。

そんな髪のトラブルの悩む人の間で一躍話題になったのが「湯シャン」
シャンプーを使わずに、お湯だけで頭皮や髪の汚れを落としてしまうという方法です。

では、髪のためにはこの「湯シャン」がいいっていうのは本当なのでしょうか?

湯シャンはどんな効果があるの?

湯シャンとはその名の通り、お湯だけで髪を洗うっていう方法。
シャンプーを使わず、お湯で汚れを落とすことで頭皮の環境が良くなる効果があるんです。

では、どうして湯シャンは頭皮環境が良くなるんでしょうか?

シャンプーに洗浄成分が含まれていますが、この洗浄成分は頭皮に刺激を与えてしまうことがあります。
特に、頭皮がデリケートだったり敏感肌の人や乾燥肌の人は要注意です。
これらの成分が刺激となり頭皮環境が悪くなってしまうと、フケやかゆみなどの原因となってしまうことがあるんです。

特に洗浄力が強すぎるシャンプーは頭皮にとって必要な皮脂までも落としてしまい、頭皮が乾燥することでバリア機能が低下してしまいます。
バリア機能が低下した頭皮は、フケやかゆみ、頭皮のベタつきなどのトラブルを引き起こしてしまう
んです。

そこで、シャンプーを使わずに髪をお湯だけで洗うのが「湯シャン」
湯シャンをすることによって、シャンプーで落とし過ぎていた皮脂を適度に残して、本来頭皮が持つバリア機能を元に戻すというのが湯シャンなんです。

湯シャンの方法

湯シャンで心配なのが、「本当にお湯だけで汚れって落ちるの?」ってことですよね。
でも、実はシャンプーを使わなくてもお湯の予洗いで汚れの8割は落ちると言われています。

湯温が高くなるほど洗浄力は上昇すると言われていますが、高温になると皮脂を落とし過ぎてしまい乾燥の原因となってしまいますので、40度以下のぬるま湯で行うようにしましょう。

湯シャンのポイントは4つです。

ポイント1事前にブラッシング

髪を濡らす前に丁寧にブラッシングをします。
このステップで髪の汚れやホコリなどを落とし、髪のもつれなどをとります。
こうすることで、頭皮の汚れも落ちやすくなりますよ。

ポイント2ぬるま湯で頭全体を洗う

温度は40度以下、ぬるま湯(37~40度)で洗いましょう。
指の腹を使って、5分程度頭皮をマッサージするように洗っていきます。
洗う時間が長すぎたり、温度が高いと髪にとって必要な皮脂までも落としてしまうので注意が必要です。

ポイント3しっかり乾かす

洗い終わったらタオルで髪を挟むように押さえ、水分をとっていきます。
この時ゴシゴシこすると髪がダメージを受けてしまいますので、注意が必要です。
その後、しっかりとドライヤーで髪を乾かしていきます。
ドライヤーは髪から20cmくらい離して、乾かしていきます。
8割程度乾いたら冷風に切り替えて、しっかりキューティクルを閉じてあげます。

湯シャンに注意が必要な人は?

頭皮に良いとは言っても、ちゃんとお湯だけで汚れが落ちるのかやっぱり心配ですよね。
湯シャンには向かない人もいますので注意が必要です。

  • 皮脂の多い人
  • 整髪料をつける人
  • 頭皮が臭いやすい人

これらの人は、湯シャンではうまく皮脂や整髪料などの汚れが落ちずに、臭いの元になったり逆にトラブルの原因となることもあrます。

皮脂が多い方などは、2〜3日に1度を湯シャンにしてみたり、少しつづ湯シャンを取り入れて行ってみましょう。

髪のパサつきは、シャンプーだけが原因という訳ではなく、生活習慣や食生活なども大きく関わってきます。
規則正しい生活をしながら、湯シャンを取り入れて、パサつきのない艶髪目指しましょうね。

湯シャンでは汚れが落ちにくいって方には・・・髪や頭皮に優しい100%天然由来のアミノ酸系シャンプーがオススメです。

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室