美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

髪の毛の静電気対策とは

冬の髪

冬到来!寒さと共に空気が乾燥してくると、気になり始めるのが静電気ではないでしょうか。

ドアノブや車のドアに触れた瞬間”バチッ”となるだけでなく、髪が広がったり髪が顔にまとわりついたりとすごく不快ですよね。

実は、髪の静電気ってただ単に不快なだけではなく、切れ毛や抜け毛など髪のトラブルの原因にもなってしまうって知っていましたか?

そこでここでは、静電気が起こる原因とその対策についてまとめていきたいと思います。

髪の毛の静電気の原因って何?

静電気
では、どうして特に冬場は髪に静電気がたまりやすくなるんでしょうか?

髪の毛に静電気が発生する原因は主に乾燥、摩擦、水分不足です。

乾燥

まず、冬は寒くて空気が乾燥していますよね。
静電気が起こりやすいのは、湿度が20%以下、気温が25度以下の環境だと言われています。
つまり、気温が低く湿度も低い冬は静電気が発生しやすくなっているんです。
乾燥していると体や衣服などに静電気が溜まりやすく、放電しづらいので帯電してしまうことになります。
空気が乾燥している時には、加湿器などを使って湿度を上げると、静電気を解放できるので、静電気は起こりづらくなるんです。

摩擦

服を脱いだりブラッシングをしたり、他のものと接触すると摩擦が起きますよね。この摩擦によって、モノ同士が触れ合っている面には静電気が発生しています。
そして、この摩擦による静電気は圧力や面積が大きいほど発生しやすくなっていると言われています。
この静電気は放電されないと髪の毛や服などに溜まってしまうので、湿度の低い冬は特に摩擦の影響が大きくなります。

髪の水分不足

髪の毛が傷んだり、パサついていると静電気が発生しやすくなります。
髪の内部には水分が含まれているのですが、髪の毛の水分量が減りパサついていると静電気が帯電しやすくなってしまうんです。
水分量が減ってしまったダメージヘアの方は要注意。
ブラッシングなどの摩擦によって簡単に静電気が発生し、帯電してしまいます。

髪の静電気防止法

空気の乾燥を防ぐ

加湿静電気は、湿度の低い環境で起こりやすくなっています。
つまり、冬の静電気対策は加湿がポイントになります。
暖房を使うようになると、より空気が乾燥しやすくなりますので、加湿器をプラスし湿度を保つようにしましょう。

水分補給

室内の乾燥対策だけでなく、体内の乾燥対策も大事になります。
こまめに水分を補給して体内の水分量を保つことで、体を潤わせることができます。
喉が渇いたと感じる時にはすでに水分が不足しているので、喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をすることが大事になります。

髪の保湿

トリートメント髪に潤いを保つことで、静電気は起こりにくくなります。
ポイントはシャンプー、インバストリートメント、アウトバストリートメントの3点使い。
一番のポイントはシャンプーです。
洗浄力の強すぎるシャンプーは、頭皮や髪にとって必要な皮脂までも洗い流してしまうので、どうして乾燥しやすくなっています。
髪や頭皮の乾燥が気になる時には、洗浄力がマイルドで頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーがオススメです。
また、トリートメントにはアウトバストリートメントとインバストリートメントがありますが、インバストリートメントは髪の内側に浸透して、髪の傷みやダメージを修復する働きがあります。
髪のダメージを修復することで、髪の内部の水分を維持しやすくなりますので、静電気が起こりにくくなりますよ。

また、アウトバストリートメントも重要です。
髪の表面を補修しながらガードするという役割がありますが、アウトバストリートメントで髪の表面をコーティングすることで、水分の蒸発を防いだり、紫外線やドライヤーの熱から髪を守ることができます。

インバストリートメント、アウトバストリートメントのダブル使いで髪の保湿を強化しましょう。

静電気が起こりにくいブラシを使う

ブラッシングブラッシングには、絡まった髪をとくという役割と、頭皮の皮脂を髪の毛全体に行き渡らせるという効果があります。
つまり、ブラッシングで天然のオイルとも言える皮脂を髪全体に行き渡らせることで、髪の毛の乾燥対策にもなるんです。
ただし、ブラッシングをすると摩擦により静電気が起こってしまいます。

ブラッシングに使うヘアブラシは、豚毛や天然毛、木製素材のものを使うようにすると、静電気が起こりにくくなりますよ。

どうでしょうか?
静電気対策をしっかり行って、冬も艶髪で過ごしましょうね!

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室