美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

くせ毛でもなりたい髪型になれる!髪質メンテで髪の底上げを

  • 梅雨になると髪がうねってまとまらない
  • せっかくセットしても気がつけば髪が広がって・・・
  • 年齢とともにクセが強くなった気がする

ただでさえスタイリングに時間がかかるのに、せっかくしたスタイリングが気がつけば湿気の影響でウネウネになってしまうと、本当に憂鬱な気分になりますよね。

「この髪型やってみたい!」って思っても、髪が広がったりうねりやすいくせ毛だとなかなかやりたい髪型ができないっていうお悩み”くせ毛あるある”ですよね。

そこでここでは、くせ毛を扱いやすくしてなりたい髪型を目指せる「髪質メンテナンス」についてご紹介します。

くせ毛になる理由とは

くせ毛といってもその状態や原因は様々。
一つではありません。

くせ毛になる理由として一番大きいのが”遺伝的要素”
両親のどちらかがくせ毛だと、子供もくせ毛になることが多いです。

日本人のくせ毛で一番多いのが波状毛と呼ばれるくせ毛。
軽くうねったように見えたり、一見ストレートに見えたり、パーマっぽく見えたりと状態は様々なのですが、実は日本人の約70%がくせを持っているとも言われています。
状態は様々であっても共通して言えるのが、湿度が上がると髪の毛が膨らんでしまうこと。
だから普段はくせが気にならない人でも、梅雨になるとくせが気になるようになるということがあるんです。

遺伝的な要素が強い一方で、様々な要因によってくせ毛の状態はひどくなります。

その要因としては

  • 毛穴の汚れ
  • 髪の水分量によるくせ
  • 髪のダメージ
  • ホルモンバランスの変化
  • 血行不良

などが考えられます。

頭皮の毛穴に皮脂や老廃物などの汚れが詰まってしまうと、毛穴が圧迫されるので真っ直ぐな髪の毛が生えづらくなり、くせが目立つようになります。
頭皮は皮脂が多い部分なので、正しいシャンプーで毛穴の汚れを落とすことが大事になります。

また、くせ毛は髪の毛の水分量が少なく、乾燥しているというのが特徴。
つまり、くせ毛は常に水分を欲している状態
なんです。
だから湿度がそんなに高くない時は問題なくても、雨の日や湿度が高い時には空気中の水分をスポンジのように一気に吸収してしまうので、湿度の影響を大きく受けてしまい髪がうねりやすくなってしまうんです。

髪質メンテナンスでくせ毛をケア

くせ毛を扱いやすい髪に変えるには、毛髪内部に栄養を浸透させて髪を底上げする髪質メンテナンスが重要ってこと。
つまり、毛髪表面のキューティクルを保護し、その内部にあるコルテックスに水分や栄養分をしっかりと与えてあげるということが大事になります。

紫外線やドライヤーの熱、ブラッシングの摩擦などでキューティクルが損傷してしまうとその内部にあるコルテックスが流出してしまい、コルテックスの偏りによる歪みによってくせが強くなってしまい、また外部の湿度の影響を受けやすくなってしまいます。

髪はお肌と違って死んだ細胞なので、自己修復ができません。
だから、しっかりとケアをして守ってあげることが重要なんです。

  • キューティクルをケアする
  • 髪内部に栄養を浸透させる

という基本のメンテナンスを大事にして、髪をしっかりと守ってあげましょう。
普段トリートメントを使わないという方は、トリートメントによって髪内部に栄養を浸透させてあげると髪の水分量が上がり、外気の影響を受けづらくなりますよ。

髪を伸ばしていると美容院にはほとんど行かないっていう方って多いと思いますが、髪のメンテナンスのためには定期的に美容院でトリートメントやカットによるプロのお手入れをしてもらうことをオススメします。

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室