美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

20代・30代・40代・50代、年代別の白髪の原因とケア方法とは

年齢とともにちらほら増えて行く白髪
白髪が生えてくると、一気に老けて見えるようになり、分け目から白髪が目立つんじゃないかと思うと、なかなかヘアアレンジも楽しめなくなっちゃいますよね。

白髪といえば、一般的には30代半ばから増え始めていくことが多いのですが、今は若い10代・20代にも白髪が目立つ人が増えているんですよ。

そこでここでは20代・30代・40代・50代、年代別の白髪の原因とケア方法についてご紹介していきたいと思います。

どうして白髪になるの?

そもそもどうして白髪になってしまうんでしょうか?

髪の色は真っ黒だったり若干茶色がかっていたりと、人によって髪の色って少しづつ異なりますが、この髪の色はメラニン色素の量によって決まります。
黒髪の場合は、髪の中に黒褐色をしたメラニン色素が多く含まれており、逆に白髪はメラニン色素がほとんど含まれていない状態。

まず、髪は最初から黒いのではなく、元々はメラニン色素が含まれておらず、白髪の状態です。この白髪の状態の髪が、成長段階でメラノサイトという細胞からメラニン色素を取り込んで黒髪となり、黒い髪の毛が生えてくるようになります。
つまり、髪が白いまま生えてきてしまうのは、メラノサイト細胞の機能低下や消失によるもの。
メラノサイト細胞がメラニン色素を作るには、チロシナーゼという酵素が必要になるのですが、加齢などの原因によってチロシナーゼが減少してしまうことでも、メラノサイトの機能が低下し、メラニン色素を含むことができなくなってしまうんです。

◆白髪になる理由は、「どうして白髪になるの?」で詳しくご紹介しています。

年代別の白髪の原因と対策

髪は、<メラノサイト細胞の消失><チロシナーゼ酵素の減少>によって髪の毛を色付けるメラニン色素が作られなくなってしまうことで、白髪として生えてきてしまいます。

ではどうして、<メラノサイト細胞の消失><チロシナーゼ酵素の減少>が起こってしまうんでしょうか?
年齢別にみていきましょう。

10代・20代の白髪

10代女性

白髪は30代半ばから徐々に増え始めるものですが、10代・20代から若白髪に悩む人も増えています。
若白髪の最大の原因は、”遺伝”によるもの。
髪は遺伝の影響が多い部位であり、両親が若白髪だった場合には、その子供も若い時から白髪となるケースが多いと言われています。

「遺伝ならどうしようもないんじゃない」と思ってしまうかもしれませんが、遺伝以外にも”食生活”や”ストレス”、”睡眠不足”等によっても白髪は増えてしまうことがあります。

まず、重要なのが食生活。
10代、20代の頃は、体型などを気にしてダイエットをしている方も多いですよね。
体にとって必要な栄養をしっかりと取りながら、運動によって筋力アップを目指すというダイエットであれば問題ないのですが、短期間で痩せようと”カロリー至上主義”となり必要な栄養までもカットするような無理なダイエットを行うと、私たちの体は栄養不足となってしまいます。
そもそも髪の毛は死んだ細胞であり、身体の機能を維持するような部位ではないので、栄養不足になると身体への栄養が優先され毛根部には栄養が行き渡りにくくなります。
そうすると、メラノサイトの働きが低下し白髪が増える原因となってしまう
んです。

また、睡眠不足も白髪が増える原因の一つ。
私たちは、眠っている間に成長ホルモンを分泌しています。
成長ホルモンは「子供が成長期に身長を伸ばすためのホルモン」というイメージがあるかもしれませんが、実は子供から老人までなくてはならないホルモン。
骨や筋肉などの成長を促し身体を作ったり、健康的な身体を維持したりするのに必要なホルモンなんです。
成長ホルモンは、眠ってから3時間後に一番分泌量が多くなります。
つまり、睡眠不足になると成長ホルモンが十分に分泌されないので、若い世代であってもメラノサイト細胞の働きが低下してしまい、白髪が増える原因となるんです。

また、ストレスが増えると自律神経が乱れますので、メラノサイト細胞の機能が低下し、白髪増えてしまうんです。

栄養バランスのとれた食事、良質な睡眠、ストレスを抱えないようにすることで、若白髪が増えないようケアしていきましょう。

30代の白髪

30代になると、急に白髪が増えて・・・っていうお悩み増えますよね。
平均的に、白髪が生え始めるのが30代半ば。
白髪が目立つと一気に老けて見えるようになるので、白髪染めをした方がいいのか?まだしない方がいいのか悩む人も多いんじゃないかと思います。

30代の白髪は10代、20代の白髪と違って、若白髪ではありません。
多くの場合、自然な老化現象によって始まります。

メラニン色素をつくるのはメラノサイト細胞であると述べましたが、このメラノサイト細胞を作るのは色素幹細胞です。
今、幹細胞コスメって流行っていますが、幹細胞が細胞をつくるための細胞であるのと同様に、【色素幹細胞は色素細胞(メラノサイト)をつくる細胞】です。

この色素幹細胞は老化に伴って衰えていくので、髪を色付けるメラノサイト細胞の機能が徐々に低下していき、白髪目立つようになっていくんです。

でも同じ30代であっても、白髪が全くない人と白髪が一気に増えてしまう人がいると思いませんか?
白髪は遺伝や老化による影響も大きいのですが、食生活・睡眠・ストレス等によっても、白髪が増えやすくなってしまうんです。

髪の栄養不足が気になる方は、サプリメントもオススメです。
髪にとって必要な栄養素がたっぷりと含まれていますので、上手に利用するのもいいですよね。

40代の白髪

40代は体力の衰えや、病気が増え始めるなど身体面でも変化が出る年代ですが、40代半ばになるとこれまで白髪が気にならなかった人でも、白髪が急増します。

白髪の大半は、一度白髪になると黒髪に戻ることはありませんので、白髪を黒くするには染めるしか方法はありません。
しかし、白髪染めは、強い薬剤によって「キューティクルを開く」「開いたところから塗料を入れる」という形で色を入れていきますので、どうしても髪が傷んでしまいます。
また、一般的に白髪染めに配合されている「ジアミン」が肌に合わないとアレルギー反応を起こしてしまいますので、特にセルフケアをする方は注意が必要です。

毎回美容院に白髪染めに行くのもコスト的にも時間的に大変で・・・という方にオススメなのが、ヘアカラートリートメントです。
ヘアカラートリートメントはトリートメントに白髪染め機能が追加されたものであり、1週間に1回程度使うことで、自然に染まって白髪が気にならなくなります。
基本がトリートメントなので、髪や地肌に優しく、ジアミンアレルギーの人でも安心して使うことができますよ。

◆「カラートリートメントって何?」でメリットとデメリットをご紹介しています。
◆髪にもお財布にも優しく、気になる白髪をケアする「ルプルプカラートリートメント」をこちらでご紹介しています。

50代の白髪

50代になると、髪の半分が白髪という状態になります。
染めても1ヶ月もすれば根本の白髪が気になるようになるので、頻繁に染めないといけなくなってきます。
白髪染めを繰り返すと、髪が傷みパサパサになってしまうようになるので、白髪染めを続けていいものか悩む人も増えてきますよね。

思い切って近藤サトさんのようなグレーヘアや夏木マリさんのような金髪スタイルなどにできればいいのかもしれませんが、一般の女性がグレーヘアや金髪スタイルを実践するのってかなり勇気がいりますよね。

頻繁に白髪染めが必要になった50代女性には、ヘアカラートリートメントがお勧めです。
トリートメントなので、髪がパサパサになるどころかしっとりとした髪になることができますよ。
美容院に行く手間やコストもカットすることができるのでオススメです。

どうでしょうか?
20代までは遺伝に加え食生活やストレスによる影響が大きいので「生活習慣の見直しが重要」、30代半ばを過ぎると加齢による影響が大きい為「どう染めるか?どう白髪が増えるスピードを遅らせられるか?」というのが白髪ケアのポイントとなります。

いつまでも若々しくいる為に、年代に合わせたケアを行いましょうね!

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室