美髪プロジェクト〜女性の為の髪と頭皮のお悩み解決サイト〜

haru kurokamiスカルプ(旧称:黒髪スカルププロ)に入ってるキャピキシルって何?

加齢によるトップのボリュームダウンや産後の抜け毛など、女性の髪の毛はホルモンバランスの変化に敏感に反応しがちですよね。

haru kurokamiスカルプ(旧称:黒髪スカルププロ)は、1本で気になる<抜け毛><白髪><頭皮>のケアができる100%天然由来のシャンプー。
haru kurokamiスカルプ(旧称:黒髪スカルププロ)が抜け毛にいいと言われる理由は、一般的な育毛剤で使われている有効成分ミノキシジルの約3倍の効果をもたらすといわれている「キャピキシル」が高濃度に配合されているということ。

そこで、ここでは育毛有効成分「キャピキシル」について、ご紹介します!

育毛有効成分「キャピキシル」とは?

キャピキシルはカナダの化粧品会社によって開発された最新育毛成分です。
「副作用なく、発毛効果を高める」というテーマの元開発されているので、天然由来成分だけを原料にして作られており、安全に使うことができるというのが大きなポイントです。

キャピキシルは、もともとはまつ毛の育毛のために開発された成分で、天然成分由来の「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」が合成され、作られています。

アカツメクサ花エキスとは別名をレッドクローバーと呼ばれており、ヨーロッパが原産のハーブ。女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボンが含まれています。
このイソフラボンにはビオカニンAという成分が含まれているのですが、このビオカミンAという成分は、美容効果や血流改善に加え、育毛効果があると言われています。

アセチルテトラペプチド3は、4種類のアミノ酸から構成されたペプチドで、極めて強力な細胞修復能力を持つことが証明されていて、毛包の構造維持に働きかけ、発毛作用を発揮すると言われています。

この2つが組み合わされ、頭皮ケアに高い作用を持つのが「キャピキシル」なんです。

これまで、育毛剤に配合されている成分といえば「ミノキシジル」が有名でしたが、このキャピキシルは、ミノキシジルの3倍もの育毛効果があると言われています。

ミノキシジルとキャピキシル、本当はどっちが育毛効果が高いの?

では、「キャピキシルはミノキシジルの約3倍の育毛効果がある」というのは本当なのでしょうか?
キャピキシルは先ほど述べたように、カナダの化粧品会社であるLUCAS MEYER COSMETICS社が開発した化粧品成分です。
LUCAS MEYER COSMETICS社の実験によると、キャピキシルの細胞組織の発毛反応がミノキシジルのおよそ3倍得られたという実験結果が示されているそうです。

注目の成分ではありますが、分類上「化粧品」という分類になります。
化粧品には、発毛剤(医薬品)や育毛剤(医薬部外品)のように、発毛効果や育毛効果を謳うことはできません。
例えば医薬部外品は厚生労働省が認可した有効成分が決まった量含まれているという製品なので、最新の成分や最新の技術を使って作ることはできません。
認可の問題があるんです。

逆に、ミノキシジルは医薬品となります。
もともと高血圧患者のための薬だったのですが、副作用として多毛の症状が出たことから、現在では発毛剤として使用されるようになっています。
発毛を促進するという効果がある一方で、医薬品なので副作用のリスクも指摘されています。

なんとなくイメージとして
医薬品>化粧品
という感じがしますが、それぞれメリット・デメリットがありますので自分にあった商品を選びましょう。

医薬品であるミノキシジルは「発毛効果がある」製品として、有効性や安全性が厚生労働省によって確認し、認可されているものです。
ただし、医薬品なので副作用のリスクもあります。

キャピキシルは、認可の関係上化粧品の分類ではありますが、その効果は実験により実証されている最新成分です。
副作用もないので安全に使用できるというのも大きなメリットです。

  • しっかり認可された製品が使いたい
  • 副作用があっても新しい髪を生やしたい

という方は、ミノキシジルが配合された商品

  • 最新の成分が配合されているものを使ってみたい
  • 副作用なく頭皮ケアがしたい

という方は、キャピキシルが配合された商品

と自分にあった製品を選ぶことをお勧めします!

haru kurokamiスカルプ
について詳しくはこちら

Pocket

  • 白髪
  • 抜け毛・薄毛
  • くせ毛
  • パサつき

Review  オススメ商品

What’s New  新着情報

お悩み相談室